元カレと復縁したい!復縁したいと思われるSNSテクニックを大公開!

今回は復縁に効果的なSNSテクニックを紹介します!

復縁するためにはいくつか方法がありますが、実はその中でもSNSを使ったアピール方法は、相手に復縁したいと思わせるのに最適なんです。
どうしてSNSが復縁に効果的なのか、その方法について詳しく解説していきいます!
元カレと復縁したい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

SNSが復縁に効果的な理由

元カレは意外と投稿をチェックしている

元カレは意外と元カノのSNS投稿をチェックしていると言われています。

女性でも、別れた彼のことを検索してしまったりしますよね。
男性も女性とそこまで変わりません。
マッチングアプリのpairsのアンケート結果によると、実に6割以上の男性が元カノのSNSをチェックしていると答えたのです。
また、Google検索予測でも「元カノ SNS 楽しそう」などの言葉で多く検索されていることがわかります。
元カノとデートした場所にいくことがあって、ふと「今どうしているのかな?」と気になって検索してみたという人もいます。

そんな時に、元カノが付き合っていた時よりも綺麗になっていたらどうでしょう?
別れなきゃよかったなぁと思わせることができますよね。
逆にまだ自分のことを引きずっていて、ネガティブな内容ばかりの投稿を見てしまったら・・・「やっぱり変わってないんだな」と思われるでしょう。

つまり、元カレからは常にSNS投稿を見られているという意識を持っておいた方が良いということです。
定期的に見られていないとしても、ふと思い出して検索されることもあります。
SNS投稿を充実させておくことが、復縁の可能性をアップさせることにつながりますよ。

自然に自分の変化を伝えることができる

復縁に必要なこととして、もう一度好きになってもらうということがあります。
別れた時と変わっていなかったら、もう一度好きになってもらえる可能性は低いでしょう。
これは見た目だけに限らず、性格や言動にも言えることです。

SNSはこの「変化」を元カレに自然に伝えることのできる最適なツールなんです!
会う機会もない場合は特に、変化を見せるのは難しいです。
しかも、SNSは自分の思うようにイメージをコントロールすることもできるので、元カレの印象をよくさせることも可能です。

連絡を取り合うよりも気が楽

別れた後に元カノと連絡を取るのは、正直心が重いもの。

しかし、SNSであれば、いいねやコメントをしなければ相手には見ていることも分かりません
元カレに向けた発信ではなく、不特定多数への発信なので、連絡を取り合う必要もありません
もちろん、復縁したい側は、元カレに見られている前提で投稿をしていますが、元カレからするとそこは分かりません。
SNSであれば、わざわざ連絡を取り合うことなく、相手の現状を見ることができるので、男性からしても気が楽なのです。

SNSでの繋がりは続く場合が多い

また、別れた後も、元カノのSNSのフォローは外さない場合も多いんです。
LINEはブロックしたけど、SNSはそのままという人もいます。
学校や職場などが同じで会う機会があるのであれば良いですが、別れると接点がなくなってしまう場合は、SNSは重要な繋がりです。
復縁の可能性をあげたいのであれば、間違っても元カレのSNSをブロックするなんてことはしてはいけませんよ。
ほとぼりが覚めた頃にSNSから連絡してみて復縁できたという人も多いです。
SNSでの繋がりは絶対に切らないように注意しましょう。

SNSで復縁するための4ステップ


それでは、SNSを使って復縁するための重要な4ステップを紹介していきます!

①別れの直後は沈黙

まず、別れた直後から数ヶ月は沈黙しましょう。

復縁に何よりも大事なのは「冷却期間」。
冷却期間は長ければ長いほど良いと言われています。
最低でも3ヶ月〜半年は連絡を取らない期間が必要です。
SNSは元カレに見られている可能性が高いので、この間はSNS上でも沈黙するのが効果的です。
そうすることによって、あなたがどのように過ごしているのか、逆に相手に想像させることもできますよ。
連絡をしないのはもちろん、元彼の周囲の人にもどうしているかが伝わらないようにした方が良いですね。

冷却期間は、復縁したい側にとってもメリットがあります。
別れた直後はどうしても戻りたいと、自分のことしか考えられなくなりますし、別れの根本的な原因などは考えることができません。
もし別れてすぐに復縁できたとしても、また同じように別れてしまう可能性が高いです。
別れの原因をしっかり考え、もう一度付き合ってうまくいくためにどうすれば良いかを考える必要があります。
復縁のためには自分も変わらなければなりません。

②自分の変化を投稿する

沈黙期間が3ヶ月以上経ったら、SNS投稿を再開しましょう。
まずはプロフィール写真を変更しましょう。
できれば今までと雰囲気がまったく違うものが良いですね。
例えば、髪をバッサリ切ってイメチェンした写真や、元カレの好みに寄せるのがポイント。

投稿は、「リア充」をアピールしたものに限定しましょう。
元カノが輝いてると、男性は不思議と「手放さなければよかった」と思うもの。
しかも、自分からフったくせに「もう俺はいなくてもいいんだ」「寂しくないのかな?」と寂しい気持ちになります。
そういう男性の気持ちを煽るためにも、キラキラした様子を投稿しましょう。
友人と旅行に行ったり、季節のイベントを楽しんでいる様子、新しいことにチャレンジしている様子などが良いですね。

③投稿し始めても元カレのSNSは無視

沈黙期間が明けて、自分の投稿を再開した後も、元カレのSNSは無視するのがポイント。

投稿を見るだけならバレませんが、Instagramのストーリーなどは閲覧した記録が残るので注意しましょう。
投稿へのリアクションは一切しないようにしてください。
元カノのSNSの投稿が再開したことで、自分の投稿も見られるかもしれないと元カレは意識するでしょう。
しかし、そこで見られていたら、やっぱり自分に未練があるんだと思わせてしまいます。
「自分にはもう興味がないのではないか」と思わせるために、あえてスルーするのです。
男性は追いかけられなくなると、自分から追いかけたくなる生き物です。
元カレの投稿は無視することで、復縁の可能性がアップします。

④半年以上経ってから相手の投稿に反応する

そして別れから最低でも半年経ってから初めて、元カレの投稿にリアクションしてみましょう。
今までずっと無関心を通されていた相手にリアクションしてもらえると、少なからず嬉しい気持ちを感じるはずです。
コメントは、未練を感じさせないもので、簡潔なものが良いですね。
今は完全に吹っ切れている」「あなたにはもう興味がないですよ」ということがわかるように。
敢えてフラットな対応をすることで、相手の気持ちを逆に引き寄せることができるでしょう。
そこからメッセージなどで連絡を取れるようになれば、復縁がかなり近づいているといえますよ。

復縁したいと思わせるSNS投稿のテクニック

ポジティブな投稿のみ

元カレに復縁したいと思わせるためには、SNSにはポジティブな内容のみを投稿しましょう。

元カレがいなくても、充実した生活をしていることを前面にアピールする必要があるからです。
別れてから自暴自棄になったり、悲しんだりしていることを投稿した場合、まだ自分に対して未練があると思われてしまい、逆効果です。
別れて悲しいなんてことは全く感じさせない方が、男性は気になってしまうのです。
別れた後に幸せにしている元カノを見ると「やっぱり可愛い」「別れなきゃよかったな」と後悔させることができるのです。
だから大事なのはリア充感です。
人生を楽しんでいるキラキラしたあなたの姿を投稿しましょう。

新しいことに取り組んでいる点をアピール

新しいことに挑戦している姿も効果的です。
元カレとのことを引きずっていないこともアピールできますし、前を向いて歩いて行っていることがわかるからです。
前向きな女性は魅力的に映りますよね。
例えば、ダイエットを始めたことや、新しい資格取得に向けて勉強を始めたこと、髪の毛をバッサリ切ってイメチェンしたことなど、どんな小さなことでも構いません。
付き合っていた時のイメージと違うことを意識すると、相手からの印象を変えることができます。
復縁に大事なのは、彼にもう一度好きになってもらうこと。
今までと同じ自分ではダメです。
新しい自分の一面を見せることで、魅力的になった自分をアピールしましょう。。

たまに異性を匂わせる

たまに異性を匂わせる投稿をすると、相手の気持ちを引き寄せることができます。

例えば、男性と一緒に出かけているように見える写真や、これからデートにいくように見える写真など。
「今日は久しぶりのお出かけ♪気合入れておしゃれした」などでもいいですね。
異性の存在を感じさせると、元カノを他の男性に取られたくないという気持ちが生まれる可能性があります。
もちろん、匂わせるだけで、異性と一緒にいる必要はありません。
実際に異性を登場させてしまうと、「もう新しい彼氏できたのか」と勘違いされて逆に距離を取られてしまうのでNGです。
しかもこの匂わせはやりすぎると逆効果になるので、本当に「たまに」でお願いします!

沈黙期間の後は毎日更新

沈黙期間を3ヶ月から半年とった後は、できるだけ毎日投稿するようにしましょう。
しかし、毎日リア充な出来事があるわけではありませんよね。
そういう場合は、食べたものや、風景の写真でもOKです。
大事なのはあなたの日常を投稿すること。
コメントで前向きさをアピールできれば良いですね。
例えば、空の写真に「今日も1日頑張るぞ!」というコメントを付けたら、毎日仕事を頑張っていることが伝わりますよね。
リア充はなにもイベントがなくても、毎日に満足して充実している様子でも伝えることはできます。

自撮りよりも他撮りの笑顔が印象◎

実は、自撮りよりも他の人がとった笑顔の写真が自然で可愛いと感じさせるようです。

自撮りは控えめに、友達と一緒に写っている写真や、友達にとってもらった写真を選びましょう。
もちろん、「髪切った」などの変化を見せるのには自撮りも効果的です。
しかし、自撮りだらけだと「また自撮りか」と思われるので、復縁したいと思わせるには印象が弱いです。
実際に、キメている自撮りよりも、自然な笑顔の方が男性ウケは良いようですよ。

彼の好みを意識する

彼の好みを意識した服装や髪型に変えてみましょう。
ただ、これもやりすぎると逆効果なので、適度に取り入れる程度で大丈夫です。
例えば、ロングヘアーよりもショートヘアーが好きな元彼だったら、思い切ってバッサリ髪を切ってみたり、彼の好きな女優さんのメイクを参考にしてみるのもありです。
そんな少しの変化でも、元カレの興味を引くには十分ですよ。

NGなSNS投稿は?

高級ホテルやレストランばかり投稿しない

リア充感が大事と言いましたが、ホテルでのアフタヌーンティーや高級レストランの写真ばかりを投稿するのはNGです。

また、ブランドものを買ったとか、散財している様子も良い印象ではありません。
いわゆる港区女子のように思われて引かれてしまう可能性があります。
彼女がお金使いが荒いのをよく思う恋人はあまりいませんよね。
復縁した時にも同じようなお金の使い方をされたら・・・もしかしたら自分もたくさんお金を使わされるかもしれないと感じてしまいます。
もちろんホテルのアフタヌーンティーも立派なリア充です。
しかしそればかりSNSに載せるのはダメです。

他の男性と写っている投稿

匂わせは上手く使えば効果的ですが、他の男性と実際に写っている写真は投稿しないようにしましょう。
他の男性と写っている写真は新しい彼氏ができたと思われてしまうので、彼の心を離れさせる原因になります。
たとえ復縁したい気持ちが少しあっても、新しい彼氏ができたとあれば、チャンスがないと思ってしまうんですね。
匂わせは相手の不安や後悔を煽るのに最適ですが、諦めさせてしまったら復縁の可能性は無くなってしまいます。
その瞬間にブロックされてしまうこともあるので注意。

元カレを意識しすぎた投稿は逆効果

元カレからもらったプレゼントをさりげなく付けていたり、元カレを意識した文章は、逆に相手に「重い」と感じさせてしまいます。
あくまでもSNSを使った復縁では「もう彼がいなくても大丈夫」な自分を演出すること
元カレを意識しすぎた内容はNGです。

ネガティブな内容は絶対NG!

元カレの気を引こうとしてネガティブな発言をするのもやってはいけないSNSの使い方です。
そうやって落ち込んでいるのをアピールすると心配してくれそうと思う人もいるかもしれませんが、復縁の場合はかなりの逆効果。
ネガティブな発言をする人と復縁しても面倒くさそうと感じて、復縁したいとは思いません。
逆に前向きに頑張っている姿を見せられた方が、また好きになってくれる可能性が高いんです。

まとめ

いかがでしたか?
SNSを使った復縁の方法は、ネット時代の現代ではかなり成功率が高い方法と言えます。
自分の良い部分だけをアピールできる最大のツールなので、上手に活用していきましょう。
LINEを使った復縁方法はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ