コロナ禍で仕事がうまくいかないあなたへ!うまくいかない原因と対処法を紹介

今までは仕事もプライベートも順調だったのに、最近仕事がうまくいかない・・・

リモートワークやマスクをしての接客など、コロナ禍で仕事の形態も随分と様変わりしました。
コロナ禍での仕事がうまくいかないのには様々な理由があります。
今回は、最近仕事がうまくいかないあなたへ、うまくいかない原因と対処法について紹介していきたいと思います。

コロナ禍で仕事がうまくいかない理由

リモートワークのせい

コロナ禍になってから自宅での仕事やリモートでの打ち合わせが増えていませんか?

通勤の時間などが無くなり仕事自体は楽になっているにもかかわらず、仕事がなぜかうまくいかない。
これは単純にリモートでの仕事が影響しています。
リモートというとやはり便利で楽なイメージがありますが、顔を合わせての打ち合わせや普段のミーティングよりはお互いの理解が薄くなりがちです。
相手の意図していることや、企画の詳細がわからなくてもリモートであれば何となく会議は進行していきますよね。
すると最終的なところで相手の意図しているものと違ったものになってしまったり、お客様の要求を100%理解できないまま進めてしまい問題になってしまうのです。
便利なはずのリモートワークですが、やはり人と人が顔を突き合わせて話をするよりも精度は落ちてしまうものです。
そのため、うまくいかないと感じることも多くなっているのではないでしょうか?

マスクでの会話

コロナ禍では、接客や打ち合わせなどでもマスクをつけたまま行うことが当たり前となってきています。
もちろんコロナの状況を考えれば当たり前ですが、これにも大きな落とし穴があります。
相手の表情が読み取りづらいことです。
普段人間は相手が発している言葉以上に、相手の表情からいろいろな感情や情報を読み取っています。
相手の言っていることが本心なのかどうかや、この意見に賛成なのか反対なのか、など表情やリアクションをみて総合的に判断しているのです。
しかし、目元だけで相手の反応を見極めなければいけない現在の状況は、今までと違い相手の本心や意見が分かりにくくなってしまいます。
そのため、マスク同士での打ち合わせ、商談の際には今まで以上に相手が何を考えているのか、このお客様は自分にどうして欲しいのかより注視して接してあげなければいけません。
これを今まで通りの接客や交渉でないがしろにしてしまうと、相手の真意や本心が読み取れず失敗に終わってしまう結果となるでしょう。

ストレスが溜まっている

コロナ禍になってから、思うように外出したり、友人や同僚たちと食事に行って思いっきり愚痴を言い合うこともできず、社会全体にストレスが溜まっています。

仕事中も家にいて、仕事が終わってもずっと家にいるしかない今の状況では、なかなかこういったストレスの発散ができにくいですよね。
また、ストレスというものは、人によっては自分では自覚できない場合も多いです。
こうしたストレスが溜まった状態だと、普段と同じような発言や相手の態度にも苛ついてしまったり、自分では無意識に相手に対して高圧的になってしまったりします。
そして、うまくいかないことにまたストレスを感じてしまうという負のスパイラルに陥りがちです。
こうならないためにもまずは自宅などでできる自分なりのリフレッシュ方法を探してみてはいかがでしょうか。

仕事への慣れ

新卒で入った頃に比べれば仕事にも慣れ、自分なりに仕事がこなせるようになってきたと感じているあなた。
実は、この「慣れ」というものは非常に怖いものなんです。
長く仕事を続けていると物事への対処法や進め方などがわかってきて、深く考えることなく作業的に進めてしまいがちです。
今までであれば上司や同僚などに意見を求めたり、万が一の可能性を考えて先回りをしての報告や、相手に対して真摯に向き合って対処をしていたはずです。
しかし、慣れてきてしまうと自分の経験の中で勝手に答えを出してしまったり、人に聞くのがめんどくさいと思って自己判断で物事を進めてしまうことがあります。
同じような内容の仕事でも、相手や状況は違い、必ずしも前と同じやり方で解決するわけではありません。
経験やプライドが邪魔をしてしまうことももちろんあると思いますが、慣れてきた時こそ初心に立ちかえって行動をしないと大きなミスにつながります。
メール1通、上司への報告一つでも普段から気を付けていればミスを減らすことは可能です。

運気の低迷

人には運気というものがあります。
それは1日単位の小さなものから月単位、年単位の大きな流れまで様々です。
最近仕事がなかなかうまくいかないと感じているのであれば、もしかしたらこの運気の流れが影響している可能性があります。
そして、運気はあなたが仕事をしている相手にも同じように存在しています。
もしかしたらあなたの運気は悪くなくても、相手の運気が悪く影響を受けてしまっているだけの可能性もあります。
まずはあなたの運気が今どういった状況なのかを知り、相手がどういった状況にあるのかを知ることで解決する可能性があります。
もし自分の運気が悪い場合はどのようにすれば運気を回復でき、今まで以上に良い結果を出せるのかを知りましょう。
相手の運気を知ることで、どのように対処するべきかもわかってきますよ。

コロナ禍で仕事がうまくいかない時の対処法

うまくいかない原因を可視化する

原因を知って対処法を考える

まずは、うまくいかない原因をしっかりと見極めることです。

単純に仕事がうまくいかないと言っても、人によって仕事の内容も人間関係も様々ですので、必ずこれをすれば解決するというものはありません。
しかし、原因を知ることで、どのように対処するべきかを考えることができます。
原因がわかっていないまま、どうにかしようとしても、ただやみくもにもがくだけで出口を見つけるのが難しくなります。

原因を書き出してみる

そこでおすすめなのが、原因を紙に書き出していくことです。
そして、それが「自分で解決できること」なのか「自分ではどうしようもないことなのか」に分類していきます。
自分が行動することで解決できることであれば、解決するためにするべきことを書き出していきます。
自分ではどうにもできないことであれば、その時点で考えるのをやめてください。
意外と自分では解決できないことで悶々と思い悩んでいる人は多いので、この方法はおすすめですよ。

いつも以上に相手の意図を汲み取る

コロナ禍でのマスクでの会話やリモートワークでは、今まで以上に相手の気持ちを読み取る努力が必要になってきます。
言われた言葉の意味だけを捉えると、すれ違いが生じてうまくいかない場合もあります。
これは、仕事だけではなく、普段の人間関係でも同じことです。
マスクで人の表情がわからない分、今までよりもずっと相手の気持ちを考えないといけません。
まずは、相手の立場に立って物事を考える癖をつけましょう。
また、自分で思っている以上に、自分自身も相手に意図を伝えられていない可能性があるのも忘れてはいけません。
普段だったら細かく伝えなくてもわかるのに、といったことが原因で失敗が起こりやすくなっています。
今まで以上に言葉を大事にしてコミュニケーションを取るようにしましょう。

上司や仲間とのコミュニケーションを取る

仕事がうまくいかない人は、上司や仲間とのコミュニケーションが取れていない場合が多いです。

一人で抱え込んでしまったり、勝手に対応した結果、失敗を招いてしまうパターンも多いです。
リモートワークになってからは特にこの傾向は強くなりました。
困ったことがあったら周囲に相談すること、上司に指示を仰ぐことなど、報告・連絡・相談を徹底しましょう。
これができていれば、失敗を減らすことにもつながりますし、失敗した時に周りにフォローしてもらうこともできます。
コミュニケーションは仕事においてだけではなく、人間関係を円滑にするためにも必要不可欠ですよ。

ストレスの発散方法を見つける

人は自分が思っている以上に、ずっと自宅にいると気が滅入ってしまいます。
しかも、一人でいると思考がネガティブになりやすいものです。
定期的にしっかりと外に出て軽い散歩をするだけでも、ストレスの感じ方は大きく変わってきますよ。
まずは自分がストレスをため込んでしまっていないか、それを人に当たってしまっていないかよく考えて、少しでもストレスを感じたら今まで以上に相手への対応を気をつけるとともに、自分なりのストレス発散方法を探してみましょう。
適度な息抜きが良い仕事へと繋がるはずです。

初心に返ってみる

初心にかえってみましょう!

最近仕事がうまく行っていない人は、もしかしたら慣れが出てきてしまっているのが原因かもしれません。
まずは相手への不満などを一度捨てて、自分の仕事や行いを見つめ直してみると解決に繋がるでしょう。
初心にかえることで、仕事を始めた頃の純粋な気持ちややる気を取り戻すことができますよ。

運が悪いと割り切る

仕事がうまくいかないのは運気が悪いから、と割り切るのも一つの手です。
大きな運気の流れの中では、自分ではどうにもできないこともあります。
そういう時には、抜け出そうともがけばもがくほど、余計に泥沼にハマってしまうものです。
悪い運気の後には、必ず良い運気が訪れるので、今は無駄に行動せず、じっと状況がよくなるのを待つというのも良い対策になるでしょう。
どうしても気になる人は、占いで運気を見てもらって解決策を考えるのも良いですし、神社で厄払いをしてもらうのもおすすめです。

仕事がうまくいかない時にやってはいけないこと

常に仕事のことを考える

仕事がうまくいっていない時に、多くの人がやりがちなのが、プラベートでもずっと仕事のことばかり考えてしまうことです。

自分では解決できないこともあるのに、家でもずっと仕事のことを考えていては、ただただ気持ちが落ち込んでいくだけです。
特に、コロナ禍でリモートワークになったことで、仕事とプライベートの境目が薄くなってしまい、この悪循環に陥っている人が多くみられます。
ズルズルと仕事のことを考えず、仕事の時間が終わったらパソコンや仕事の道具は見えないところに片付けて、しっかりプライベートに切り替えてください。
そこからは絶対に仕事のことは考えず、趣味を楽しんだり、家の中でできる軽い運動やストレッチをしたり、美味しいものを食べたり、自分の時間を有意義に過ごすようにしましょう。

自暴自棄になる

自暴自棄になって仕事を蔑ろにしてしまったり、やめてしまう人も多いです。
仕事や職場を変えることで状況が変わることもありますし、うまくいくようになる人もいるでしょう。
しかし、現在のコロナ禍においては、どこに転職したとしてもそれなりにストレスはかかります。
また、新しい環境での人間関係や、仕事の悩みを抱える可能性もあるのです。
やけになって勢いで行動するのはおすすめできません。
まずは、一度冷静になって「仕事を辞めて状況は良くなるのか」「仕事がうまくいかないのは会社のせいなのか」をしっかり考えてみてくださいね。

暴飲暴食

仕事がうまくいかない時にやりがちなのが、暴飲暴食です。

お酒をたくさん飲んだり好きなものを食べまくったりすれば、一瞬はストレスの発散になります。
しかし、将来的に体を壊す可能性もありますし、金銭的にももったいないことをしたと後悔する時がくるでしょう。
たまにのストレス解消法としてお酒を飲むことや、美味しいものを食べることは有効ですが、毎日続けるのはNGです。
特に女性は、暴飲暴食して太ってしまったら、今度は自分に自信がなくなってしまったり、人前に出るのが嫌になってしまったりするというデメリットもあります。
イライラしている時には、食べるよりも体を動かす方がストレスの解消になりますよ。

ストレスによる無駄遣い

ストレスを感じている時に、無駄遣いをしてしまった経験はありませんか?
仕事がうまくいかないイライラを買い物にぶつけているんですね。
しかし後で考えてみると「全然欲しいものじゃなかったな」「なんでこんなもの買ったんだろ」と思うことが多いです。
そんなに欲しくないものを買ってしまうのはもったいないですし、後悔するのも馬鹿らしいですよね。
しかもそういう時に限って、高額なものを買ってしまうなんてことも。
後悔しないためにも、ストレスを感じている時の買い物には十分気をつけましょう。
特に、最近は外出自粛で通販で爆買いをしてしまう人も多いです。
カートに入れて購入する前に、今一度「本当に欲しいものなのか」「今必要なものなのか」を考えてみましょう。

まとめ

今回は最近仕事がうまくいかない人へ、原因になる可能性と解決方法についてまとめてみました。
仕事がうまくいかないことがストレスになり、そのストレスでさらに仕事がうまくいかないなどの悪循環に陥っている可能性もあります。
自分なりのリフレッシュ方法を見つけてこまめにストレスを発散してあげましょう。

ちなみに、コロナ禍で恋愛がうまくいかない時にはこちらの記事を参考にしてみてください。
コロナ禍の恋愛はどうしたらいいの?別れるカップルとうまくいくカップルの違い

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ