何をやってもうまくいかない時の対処法やスピリチュアル的意味

何をやってもうまくいかない時ってありますよね。

何とかしようとして行動するとますます悪い方向にむかってしまったり、なにかと悪循環。
仕事や恋愛などでこの状態に陥ってしまうと、毎日辛い気持ちで憂鬱になってしまいます。
しかし、そんな「何をしてもうまくいかない時」には、実は大きなスピリチュアル的な意味があるのです。
今回は、何をしてもうまくいかない時期の意味や対処法、やってはいけないことについて解説していきたいと思います!

何をやってもうまくいかない時に起きる症状・前兆

何をしても悪循環に陥る

悪循環に陥ってしまうのは、何をやってもうまくいかない時の最大の特徴です。
今までうまくいっていたことが急にうまくいかなくなったり、何とかしようと行動した結果、さらに悪い状態になったり・・・とトラブルがトラブルを生んでいくような感じです。
例えば、

・仕事でミスをする→挽回しようと頑張る→さらにミスをする
・彼氏に振られてつらい→新しい出会いを求めて合コンへ→嫌な思いをする

など、動けば動くほど、沼にはまっていくような状態。
踏んだり蹴ったりとはこのことですね。

寝ても寝ても眠い

休日は心も体も疲れ果てて、ずっと寝てしまうという人も多いです。
うまくいかない時というのは、寝ても寝ても疲れが取れず、眠たいと感じるようです。
趣味や恋愛、プライベートなことに時間を使いたいのに、体が休むことを優先してしまう状態です。
この異常なほどの眠気は、単純にエネルギーの低下でもおこりますが、悪い意味だけではありません。
人生の転機や、魂の成長を意味することもありますよ。

無気力状態になっている

何をしても楽しいと思えない、笑う気力がない、といった状態に陥ってませんか?

また、「楽しい」「嬉しい」といった感情だけでなく、「怒り」や「悲しみ」といった感情すら湧いてこない場合もあります。
感情がない状態や無気力な状態だと、何をやってもうまくいかない状態を長引かせてしまいます。
まずは、エネルギーを回復することです。

自己肯定感が下がる

自分は何をやってもだめな人間だと自己肯定感が低くなります。
悪いことが続くとどんどん自信もなくなっていきますよね。
自信がないまま行動しているので、よくないことが起こると「自分のせいだ」と自分を責めてしまうのです。

また、自分はダメな人間だと思い込んでいるだけの人もいます。
そういう人は、実際は周りからはそう思われていない場合も多いですよ。
自己肯定感が低く、自己評価が低いだけで、本当はきちんとこなせているかもしれません。
このタイプの場合は、完璧主義で自分の落ち度が許せないので、少しのミスでもイライラしてしまいがちです。

心に余裕がなくなる

無気力になる人とは逆の状態で、精神的にいっぱいいっぱいの状態になる人もいます。
心に余裕がなく、常に焦って行動してしまうので、失敗することが多く、何をしてもうまくいかなくなるのです。

何をやってもうまくいかない時のスピリチュアル的意味

何をやってもうまくいかないことが続く時には、実はスピリチュアルな原因が隠れている場合があります。

人生の転機が訪れる前兆

よくないことが続けて起こる時、何をやってもうまくいかない時、そんなときは人生の転機が訪れる前触れかもしれません。
今までやってきた方法ではうまくいかなくなる、つまり成長する必要があるということです。
変化を受け入れ成長することで、人生の大きな転機を迎えることができるのです。
また、うまくいかない時期というのは、その変化を受け入れるために、しっかりと自分を見つめ直す時間でもあるんです。

八方塞がり・大殺界・厄年

占いの世界では、運気が下がり、何もかもうまくいかなくなる時のことを「八方塞がり」「大殺界」「厄年」などと呼びます。
これらの時期は人間の力ではどうにかできるものではなく、上手に乗り越えていくのが重要です。

八方塞がり

どうにもならないことを意味する「八方塞がり」は、元々は陰陽道の言葉です。
全ての方角に障りがあり、どの方向へ行っても全て不吉な結果を招くという意味です。
八方塞がりに当たる年は、数え年で19,28,28,37,46,55,64,73歳です。

大殺界

大殺界」は六星占術でよくない運気を指します。
人生で必ず経験する不運期を指すものとして、テレビや雑誌でよく取り上げられています。
殺界は、六星それぞれによって時期が違います。

厄年

厄年は、神社で行われる厄除けでお馴染みですね。

男性・・・25,42,61歳
女性・・・19,33,37歳

この前後1年間を含めて3年間が不運やトラブルに見舞われやすい時期と言われています。

サイキックアタックの可能性

不運が続く時には、サイキックアタックを受けている可能性もあります。

サイキックアタックとは、生きている誰かから送られてくる負のエネルギーのこと。
恨みや妬み、怒りなど強い力を持っているので、サイキックアタックを受けた人は、身体の調子を崩したり、疲れてしまいます。
生き霊とも呼ばれています。
これも、自分の力でどうにかすることは不可能です。
心当たりがある人は、神社にいってお祓いしてもらうのも一つの手です。
また、除霊や浄化を得意とする占い師に相談してみるのもよいですね。

負の連鎖を引き寄せている

スピリチュアルな観点では、マイナスの考え方はマイナスの出来事を引き寄せると言われています。
よくないことが起きると、マイナス思考になりますよね。
そのネガティブ思考が、また悪い出来事を引き寄せてしまい、負のループになってしまうのです。
さらに、そのせいでどんどん悪い方向に考えてしまい、負の連鎖から抜け出せなくなってしまいます。
負の連鎖は、その思考を変えない限り断ち切ることはできません。

家の間取りなど風水的な問題

家の間取りや家具の位置などが風水的に悪く、良くない気を溜め込んでしまっていることもあります。

風水は気の流れをものでコントロールする方法です。
もしも、引っ越しをした後から運気が下がった、といった人は、家具の位置を変えてみると良いかもしれません。
しかし、そもそも住んでいる家の立地や方角が悪いという場合もあります。
リフォームや引っ越しをする際には注意が必要です。

何をやってもうまくいかない時の対処法

立ち止まることも大事

何をやってもうまくいかない時には、思い切って立ち止まってみましょう!

「どうせうまくいかないし・・・」「また失敗するかも・・・」と思いながら生活していても、良いことはありません。
一度立ち止まって、自分自身を見つめる時間を取ることも大事ですよ。
何をやってもうまくいかない時というのは、動けば動くほどうまくいかなくなるものです。
肩の力を抜いてゆったり過ごしてみるのも良いですよ。

うまくいかないこともある!と開き直る

うまくいかないことが続くと、どうしてもネガティブな気持ちになってしまいますよね。
誰でも仕事にも恋愛にも後ろ向きな気持ちになってしまうと思います。
しかし、長い人生の中で失敗するのは当然のことです。
良いことがあれば悪いことも起きるもの。
だから、必要以上に落ち込んだり、後ろ向きにならずに開き直ってみましょう。
誰でもうまくいかない時はある!とポジティブに捉えることが大事です。

心も体もしっかり休ませる

うまくいかない時というのは、いつも以上にエネルギーを必要とします。
心も体も疲れてしまうので、しっかり休んでください。
もしも休日ずっと寝て過ごしたとしても、「ああ、今日も何もできなかった」とマイナスに捉えるのではなく、「たくさん休んだから明日からまた頑張ろう!」とポジティブに捉えるように!
休息は悪いことではありませんよ。
無理をして頑張らずに休むことが、うまくいかない時期を乗り越えるためには必要です。

新しいことのチャレンジしてみる

新しいことにチャレンジしてみるのも良いですね。

うまくいかないのは、今目の前にある物事だけかもしれません。
他のことだったらうまくいく可能性もあります。
何もかもうまくいかないと後ろ向きになるのではなく、できるだけ新しいことに挑戦してみましょう。
すると今まで悩んでいたことも、意外と簡単に解決できるかもしれませんよ。

うまくいかなかった原因を探り改善する

うまくいかなかった原因を探り、それを取り除くことも効果があります。
根本の原因がわかっていれば、次に同じような失敗をするのを防ぐことになります。
また、自分で問題を克服できた!という自信がつくので、負のループに陥りにくくなりますよ。

ポジティブな考え方を心がける

何をしてもうまくいかない時でも、できるだけポジティブに考えるようにしてください。
ネガティブな思考は良くない運気を呼び込んでしまいます。
といっても、嫌なことがあるとどうしても落ち込んでしまいますし、ネガティブになってしまいますよね。
そんな時には「ダメな部分はあったけど、〇〇は良かった」というように、良い部分をさがして自分をみとめてあげること。
これもダメ、あれもダメと自分を責めても意味がありません。

波動修正

占い師やヒーラーによる「波動修正」もおすすめ。

うまくいかないときは、エネルギーの流れが悪く、マイナスの波動になっていることが考えられます。
占い師に波動を修正してもらうと、頭の中がすっきりしてプラスの状態になることができます。
対面でなくとも、遠隔の電話占いでも波動修正は可能です。
最近疲れが溜まっている人や、悪いことが続いている人におすすめです。

何をやってもうまくいかない時にしてはいけないこと

自分を責めること

「自分がダメな人間だからうまくいかないんだ・・・」と自分を責めるのは絶対にやめましょう。
人は、潜在意識の中で人を羨ましいと感じたり、嫉妬したりしています。
すると、自分のダメな部分ばかりが気になって、自分を責めてしまいがちです。
自分を責めてしまうと、自己肯定感が下がっていくので、どんどんネガティブになってしまいます。
自分を認めて優しくしてあげることで、プラスの考え方ができるようになり、良い運気を引き寄せることにつながりますよ!

無理をしてがんばろうとすること

うまくいかない時こそ、立ち止まってはいけないと考える人が多いですが、実際は立ち止まるのが正解です。

無理をしてがんばってもうまくいかない時はうまくいきません。
まずは一度冷静になって自分を見つめ直してみましょう。
すると、解決策が見えてくるかもしれません。
無理をしてがんばることは、大きなエネルギーを消費するので、体も心もボロボロになってしまいますよ。

自分ではどうにもできないことを解決しようとすること

うまくいかなかったことは、自分の努力で解決できることと自分ではどうにもできないことの2つに分けられます。
その、自分ではどうにもできないことを解決しようとがんばるのは無意味です。
自分の努力や頑張りで改善できることは、解決しようとするのが正解です。
しかし、自分の力ではどうしようもないことについて、クヨクヨ悩んだり、どうにかしようと行動しても時間の無駄。
「しかたない」と諦めるのが一番です。
まずは、目の前にある問題が、自分の力で解決できるのか・できないのかを考えましょう。

まとめ

「何をしてもうまくいかない時」について解説しました!
この時期は、人生の転機の前兆とも言われているので、しっかり自分を見つめ直しましょう。
どうしてもマイナス思考になってしまう人は、占い師に波動修正をしてもらうのも良いですよ!
是非試してみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ