告白できない女性の心理とは?好きなら自分から告白した方が良い理由

好きな人がいるけど、思いを伝えられない女性は非常に多いです。

「告白は男性からしてほしい!」と思う気持ちもわかりますが、後悔しないためにも自分から告白できたら一番いいですよね!
今回は、告白できない女性の心理について深掘りしていきます!
また、告白を成功させるためのコツについても紹介しています。

女性が告白できない心理とは

振られる恐怖

好きな人に告白できない一番の理由は、振られるのが怖いということでしょう。

誰が見ても両思いという場合でも、もしかしたら振られるかもしれないと頭の中であれこれ想像してしまって足がすくんでしまうのです。
人はうまくいく未来よりも、うまくいかなかった未来の方を強く想像してしまいがちです。
「断られたらどうしよう」「友達に戻れなかったらどうしよう」と想像していると、そんな気持ちになるのなら現状維持でいいと考えてしまうのです。
振られるショックに耐えられる自信がないという人が多いです。

今の関係性が変わるのが怖い

現在、相手と良好な関係性を築けている場合、その関係が変わってしまうのが怖いと思うものです。
例えば、なんでも言い合える友達だったのに、告白して断られたら、今まで通り接することができなくなってしまったとか、友達だった時は喧嘩をすることもなかった、など。
恋人になったとたん、思っていることを言えなくなってしまう人もいます。
嫉妬や寂しさも恋人にならなければ生まれなかった感情かもしれません。
現在の関係性に満足している場合は、告白しなくてもいいやと思ってしまうのです。

自分に自信がないから

自分に自信がないゆえに、相手にふさわしくないと感じている場合もあります。

相手がモテる人だったらなおさらです。
「どうせ振られるから」「自分にはもったいない」と、自己完結してしまうのです。
自信がないので恋人になること自体を諦めている状態です。

相手に恋人がいるから

相手がシングルであれば、付き合う確率は少なからずあります。
しかし、相手に恋人がいる場合、まず振られる確率が高いですよね。
恋人がいるのに告白されたら、相手にとって負担になることもあります。
もしもOKしてくれたとしても、相手の恋人に悪いことをしたと罪悪感を感じる人もいますよね。
自分の幸せのためなら他人の不幸は気にならないという強い精神力をもっている人なら別ですが・・・笑
普通の感覚を持った人であれば、告白するのを躊躇すると思います。

女性から告白するのにためらいがある

告白は男性からするものだと思っている人は多いのではないでしょうか?
ひと昔前であれば、男性側から告白するのが「男らしさ」であり、女性に言わせるなんて恥ずかしいという風潮がありました。
しかし、現代は、「草食系男子」などに代表されるように、ガツガツしていない男性が多いですよね。
そういった男性からのアプローチを待っていても関係は発展しにくいと言えます。
女性から告白するのを恥ずかしいとためらっている人は、自分が好きだと思っていても気持ちを素直に伝えることができません。

相手からの告白待ち

自分からは言えないので相手から告白してほしいという人もいます。
両思いだとわかっていても、決定打は男性からが良いと思う女性はとても多いです。
相手も同じように告白待ちをしている場合もあるので、なかなか関係性が進展しないという事態になります。

告白しないままだとどうなる?

後悔する

告白しないままだと、どんな結果になっていたとしても必ず後悔する時がやってきます。

「あのとき告白していたらよかったのかな」「もし付き合ってたらどうなってたかな?」と思ってしまうものです。
しかも良い思い出ばかりが頭に残っているので、好きな気持ちがより強くなってしまうことも。
告白していれば付き合う可能性もあったのにできなかった・・・そんな自分を責めてしまう人もいるでしょう。
しかし、どんなに後悔しても、時を戻すことはできません。
後悔するくらいなら告白して振られた方がマシだったと、後になって思うものなのです。

他の女性に取られる可能性

突然現れた肉食系女子にとられた!というのはよくあることです。
お互いに「いいな」と思っていても、他のかわいい女性にはっきりと「好きです」と言われると、男性はそっちに傾いてしまいます。
すべてはタイミングの問題
あなたがウジウジしている間に、他の女性が彼を虎視眈々と狙っている可能性があることを忘れてはいけません。
もしも、他の女性に取られてしまったら、告白することもできず諦めるしか無くなってしまうのです。
「相手から告白してくれるのを待っている」「まだ気持ちに確信が持てない」なんて言っている暇はありません。
後悔しないためにも、思いははっきりと伝えるべきです。

自分の気持ちを言えない人になる

好きな人に好きと言えないままだと、自分の気持ちを言えない癖がついてしまいます。

新たに好きな人ができても、あれこれ自分で言い訳をして自分の気持ちにブレーキをかけてフェードアウトしてしまうでしょう。
「相手に相応しくないから」「私なんかが」とマイナスに考える癖もついてしまいます。
これは恋愛だけではなく、友人関係や仕事関係にも影響します。
何に対しても消極的・悲観的になってしまうことで、人間関係自体が苦手になってしまうことも考えられますよ。

次の恋愛に進めない

告白しないことで、相手を長く引きずることになるので、次の恋愛に進むことができなくなります。
もちろん、告白しても振られる可能性もあります。
しかし、振られたらそこで一度自分の気持ちをリセットすることができますよね。
告白しないままウジウジと思い悩み続けているだけの状態よりは、すっぱり切って新しい恋愛に向う方が精神的にも良いです。

自分から告白した方が良い理由

後悔せずに済む

自分から告白した方が良い1番の理由は、後悔しないためです!

結局、告白するかしてもらうか、どちらかがなければ、恋人同士になることはできません。
振られた時、「告白しなければよかった」と後悔する場合もありますが、自分の気持ちを伝えられなかったことを後悔するくらいなら当たって砕けた方がマシです。
告白することで相手の素直な気持ちも知ることができます。
その時は振られたとしても、そこから発展していく関係も大いにあり得ますよ。
また、自分の気持ちを言えたという自信も付きますし、前向きな気持ちになることもできますよ。

ダメでも次の恋愛に進むことができる

もし告白して断られた場合、すっきり忘れて次の恋愛に進むことができます。
あなたの時間は無限ではありません。
思いが届かなかった彼のことを思い続けるよりも、新しい恋愛を探す方が大事です。
振られた直後は「この人以上に素敵な人はいない」なんて思ってしまいますが、実際は新しい恋をすれば前の彼のことは意外とすんなり忘れられるもの。
女性は男性よりも切り替えが早いとよく言われますね。
まさにその通りで、恋の傷は新しい恋で埋めるのが一番効果的なんです。
つまり、もしも振られたとしても、次の新しい恋を探せばいいだけ!
まずは、今好きな相手に100%の思いをぶつけてみるのが良いでしょう。

待っていても何も始まらない

正直、待っていても何も始まりません

「相手から告白してほしい」気持ちはわかりますが、相手があなたのことを恋愛対象だと思っていなかったら、自分から動かないといつまで経ってもなにも起こりませんよね。
告白しなければ、相手は自分が好かれていることも知らないままかもしれません。
ただ思っているだけでは伝わらないこともあるんですよ。

他の人に先を越されないため

他の女性に先を越されないためにも、好きという気持ちは早く伝えた方が良いです。
告白しないでウジウジしている間にぽっと出の女性に取られてしまうことは、非常によくあるケースです。
今目の前にチャンスが転がっているのですから、それを逃さない手はないのではないでしょうか?

気持ちを伝えることで意識してもらえる

もしも告白して断られた場合でも、そこで可能性がゼロになったわけではありません!
告白されて相手を意識するようになって、その後付き合うことになったという話はよくあります。
そうでなくとも、「こんなに自分を好きでいてくれるのなら」と付き合う可能性もありますよね。
これは男性だけではなく女性でも同じことが言えます。
自分を好きと言ってくれることに嫌だと感じる人はいないでしょう。
まずは勇気をだして自分の素直な気持ちを伝えてみてください。

告白の成功率を上げるコツ

まずは相手と親しくなること

告白の成功率を上げるためには、第一に相手とコミュニケーションを取れるようになることです。

よく知らない相手からの告白は正直戸惑ってしまいますし、相手のタイプでもない限り成功するのは難しいでしょう。
まずは日常的に会話する程度の距離感になる必要があります。
自分がどんな人間なのか知ってもらうこと、告白の成功率を上げることができます!

相手を褒める

相手の好感度を上げるための簡単な方法として「相手を褒める」というものがあります。
自分を褒めてくれる人に嫌な気持ちを抱く人はいませんよね。
恋愛においても相手を褒めるのは効果的です!
でも、褒めてばかりではお世辞に聞こえてしまうので、多用しすぎは注意。
彼がプライドを持って取り組んでいるプロジェクトや趣味、気配りなどを褒めてあげると好感度が上がります。
女性と違って見た目などを褒められるよりも、行動を褒められるのを嬉しいと感じる人が多いようです。
「いつも周りをみて行動していてすごいと思う」とか、「いつも仕事頑張ってるよね」など、小さなことでも言葉にしてあげると喜ぶでしょう。
この人はいつも自分のことを認めてくれると感じて、そのうちあなたのことが気になるようになります。

ストレートな告白

告白する時には、ストレートに思いを伝えるのが一番です。

告白の言葉をあれこれ考えている人も多いと思いますが、結局はシンプルに「好きです。付き合ってください。」といった告白がベスト。
まわりくどい言い回しや、相手に言わせようとしているのがわかると、男性は引いてしまいます。
余計な駆け引きはせずストレートに好きと伝えるように!
ただし、場所や時間はちゃんと考えて。
相手が忙しい時に告白してもちゃんと考えてもらえない場合があります。
告白するためには、ちゃんと時間をとってもらって二人きりになるようにしましょう。

シャイな人はLINEで好きな気持ちをアピール

シャイな人は、直接相手を褒めたり、好きな気持ちを出すのが苦手ですよね。
そういう場合は、LINEを活用するのがおすすめ!
相手に「もしかして俺のこと好きなの?」と思わせるような内容を送って、好きな気持ちを匂わせる方法です。
シャイな人は相手に気持ちに気づいてもらうことが第一です!
片想い中のラインのテクニックについてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね↓↓

恋愛の話をする

相手と仲良くなったら、恋愛の話を振るようにしましょう!
「好きなタイプは?」とか軽い感じから恋バナに突入するのがおすすめ。
そうすることで相手の過去の恋愛や、現在の恋愛観を知ることができます。
お互いの恋愛観を話すことで、「この人と付き合ったらどうなるんだろう?」と無意識に感じさせる効果もありますよ!
しかも、恋愛の話ができるということは、相手もそれなりにあなたに好意を持っている証拠です!
「〇〇さんと付き合ったら楽しそう」と冗談っぽく言ってみると、相手をドキッとさせることができるかも!

お酒の席は成功率が高い

お酒を少し飲んだ状態も告白の成功率が高いです。
シラフだと恥ずかしくて言えない素直な気持ちも、お酒の力を使えば言える!という人も多いのではないでしょうか?
といっても、ベロベロに酔ってしまってはムードも台無し。
また、雑音が多い居酒屋とかではなく、おしゃれなレストランの個室やバーなど雰囲気の良い場所を選ぶのも大事。

占いで告白のタイミングを教えてもらう

告白の成功率を上げる方法として、プロの占い師の力を借りるのもおすすめ!

相手の運気や本質を見る西洋占星術や四柱推命で、告白に適したタイミングを教えてもらいましょう!
また、タロットやルーンでは相手が自分に対してどう思っているのかといったことも占ってもらえます。
告白する前の心の準備にもぴったりです!

まとめ

いかがでしたか?
好きなのになかなか告白できない人の心理や、自分から告白するべき理由について紹介しました。
片想いの人は、後悔しないためにも是非自分の思いを素直に伝えてみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ