彼氏と長続きしたい!長続きカップルの特徴とずっと仲良く付き合っていくコツ

付き合ってもすぐに別れてしまって長続きしない・・・

そんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?
今回は、長続きさせるためのコツや、長続きカップルの特徴について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

長続きするカップルの特徴

お互いに恋愛以外の趣味がある

長続きするカップルの最大の特徴は、お互いに恋愛以外に打ち込めるものがあることでしょう!

仕事でも趣味でも、お互いのプライベートが充実しているカップルは、そうでないカップルに比べて長続きする傾向にあります。
恋愛だけが生活のメインになってしまうと、恋愛依存のような状態になり、周りが見えなくなります。
仕事やプライベートをないがしろにしても恋愛に時間を使うようになり、友人や家族からも心配され、さらには呆れられることもあるでしょう。
しかし、それにすら気づけない「恋は盲目」状態に陥ってしまうのです。
また、恋愛で感じたストレスを発散することができなくなり、喧嘩が増えてしまいます。

しかし、恋愛以外にも打ち込めることがある人は違います。
恋愛はあくまでも生活の一部なので、のめり込んで他のことが手につかなくなることはありません。
また、嫉妬や不安などで思い悩むことがないので、恋人と一緒にいる時間はしっかり楽しむことができます。
しかし、これはカップルどちらもがそういうスタンスでないと成り立ちません。
どちらか一人が恋愛中心の生活だと、「構ってくれない」「寂しい」と感じてしまいますし、相手が重く感じてしまって別れる原因になってしまいます。
大事なのはお互いに夢中になれるものをもっていること、です。

束縛しない

相手に干渉しすぎない・束縛しないのも、長続きしているカップルの特徴です。
「今日はどこに行ってたの?」「誰といたの?」など、相手の行動を全て把握しておきたい人や、束縛してしまう人は、恋愛が長続きしないです。
もちろん、相手はそれを重荷に感じてしまいますし、信じてもらえていないんだなと感じます。
カップルにおいて大事なのは信頼関係。
何も言わなくても信じられる関係でなければ、長く過ごすことは難しいのです。
束縛される側は、最初のうちは気にならなくても、だんだんとストレスになっていくので、「なんで全部言わなきゃいけないの?」と喧嘩になってしまいます。
逆に、束縛する側は、行動を把握できないと不安で眠れず、他のことが何も手につかないことも。
お互いにとって、過干渉はマイナスでしかありません。

適度に愛情表現をしている

愛情表現は多すぎても飽きてしまいますし、少なすぎても不安になってしまいます。

適度な愛情表現を行なっているかどうかがポイント。
普段はあまり愛情表現しない人でも、ここぞというタイミングではきっちり押さえているカップルは長く付き合っていけることが多いです。
例えば、記念日のディナーや旅行に行った時など、特別なタイミングを大事にしています。
また、相手が精神的に弱っている時に黙って支えてあげるのも愛情表現の一つです。

一方、長続きしないカップルは、付き合い初めの頃は毎日好きといっていたのに、時間がたつごとに愛情表現が少なくなっていき、そこで不安になったり冷めてしまったりします。
そもそも愛情表現が少なくなるのは当然と言えば当然なのですが、特に女性はそれを受け入れられない人が多いですね。
しかし、男性は釣った魚に餌を与えないタイプが多いので、そこでうまくいかなくなるパターンです。
といっても、最初から何も愛情表現がないのも考えものです。
やはり多すぎず少なすぎす愛情表現をしてあげることが大事です。

「ありがとう」を言い合える

付き合いが長くなって慣れてくると、感謝していても「ありがとう」と口に出して言っていないことが多いです。
しかし、小さなことでも感謝の気持ちを伝えることはとても大事です。
言わなくてもわかるだろうと甘えてしまいますが、実際言葉にしないとわからないこともあります。
ありがとうと一言言ってもらえるだけで、もっと相手のために頑張ろうとか、喜ばせたいと思うのが人間の心理です。
逆に何をしても感謝の言葉すらもらえないとなると、何もしたくなくなりますし、頑張ろうと思えなくなります。
これは、恋人関係だけでなく、友人関係や家族関係においても大事なこと。
日頃から、感謝の気持ちを口に出して伝えあっているカップルは長く仲良く付き合うことができますよ。

本音で話し合い・ケンカができる

相手に対する不満を我慢してしまって、うまくいかず別れるカップルは多いです。

しかし、本音で話し合いケンカできるカップルは長続きしやすいです。
長く付き合っていると、「きっとこう考えているだろう」とか「わかってくれるだろう」と甘えるようになるので、自分の意見をいう機会が減ってきます。
しかし、それでも他人ですから、本当の気持ちは話さなければわかりません。
普段から言いたいことを言い合えているカップルは、喧嘩をしてもきちんと話し合って解決することができます。
心のすれ違いを少なくすることが、長続きさせるコツなのでしょう。

マンネリにならないように努力している

カップルに必ず訪れる倦怠期・・・これを乗り越えられるかどうかがポイントです。
倦怠期を乗り越えたカップルは、マンネリにならないように努力していることが多いです。
例えば、二人でいつものルーティーンと違うことをしてみたり、新しい趣味を見つけてみたり、常に新鮮な気持ちで相手に向き合うようにしているのです。
気分が乗らない時には無理して会わないというカップルもいます。
マンネリでつまらないと思いながらもデートするのではなく、マンネリを解消するために行動してみよう!という気持ちが大事です。

長続きしないカップルの特徴

相手を束縛する

相手を束縛しているカップルは当然うまくいきません。

特に、「飲み会に行かないで」「他の異性と連絡取らないで」「毎日電話して」など、相手の行動を制限するのは一番ダメなパターンです。
束縛し合うカップルは、自分が安心したいために相手の自由を奪うので、本当の意味で相手を大事に思っているわけではありません。
「浮気されたら嫌だから」など、自分の気持ちが最優先で、相手の状況や気持ちは一切無視です。
そんな関係で長続きさせるのは不可能ですよね。
束縛されると愛されていると感じる人もいるようですが、それは相手から必要とされているという錯覚です。
本当はただ相手の思うようにコントロールされているだけですよ。

距離感がわからない

距離感がわからないカップルも長続きしません。
最初のうちは、恋人だから毎日会いたいし、なんでも報告するのが当然と思っていますが、こういうカップルほど飽きるのが早いです。
距離感が近すぎたせいで、相手の嫌な部分ばかりが気になり始め、すぐに別れてしまいます。
付き合い初めは「離れたくない!」と思うかもしれませんが、マンネリ化するのも早いので注意が必要です。
適度に連絡を取り、適度にデートする、適度に距離感をとるのが大事です。
友達と遊ぶ時間も必要ですし、一人でゆっくり趣味を楽しんでみたりしても良いですね。
会っていない時間のおかげで新鮮な気持ちでまた恋人に会うことができるので、マンネリ化しにくくなりますよ。

相手を下だと思っている

相手の成功を喜べない、嫉妬してしまうカップルも長く付き合うのは難しいでしょう。

これは、恋人である以前に、相手をライバルや格下と思っている場合に起きる症状です。

例えば、同じ会社で新入社員の女性と付き合ったとします。
付き合いはじめは、仕事の相談など親身になって答えていたものの、女性が成長し自分よりも良い成績を上げてしまった。
その瞬間に相手のアラを探し、「偶然だよ、調子に乗らないほうがいいよ」などと言ってしまう。
相手の成功や成長を喜んであげられないんですね。
これは、自分が格上だと思っていたという証拠です。
この場合、男性は完全なモラハラ男ですよね。
自分が上で痛いために付き合っていたので、ひっくり返された途端にうまく行かなくなります。
もちろんこれは男性にも女性にもいえることです。

不満を溜め込んでしまう

相手と一緒にいたいために不満を感じても口にできない人も多いです。
しかし、お互いに本音で話ができない関係はいずれは崩れていきます。
小さな不満が溜まりに溜まって、大きな不満となり、取り返しのつかない亀裂になってしまうのです。
意外と相手は言われるまでそれに気づいていなかったりもします。

これはカップルだけではなく夫婦にも言えること。
不満を感じたら、溜め込まずに伝えるのが関係を円滑にする方法ですよ。

相性が合わない

単純にお互いの価値観や体の相性が合わない場合も長続きはしません。
付き合いたての頃は、好きという気持ちの方が強くて気づけないことが多いですが、付き合いが長くなっていくにつれて違和感を感じるようになります。
考え方に同意できない時や、自分が我慢して相手と一緒にいると気づいた時に別れを決意することが多いです。
実際、どうしても相性が合わない人とは付き合い続けるのは難しいですよね。
この場合は無理して付き合うよりは、お互いに合う相手を探した方がよっぽど建設的です。

恋人と長続きしない男女の特徴

女性編

彼氏が世界の中心になっている

恋人と長続きしない女性に多いのが、彼氏が世界の中心になること。

彼氏ができた途端、友達や仕事をそっちのけで恋愛にのめり込んでしまう人が多いです。
そうなってしまうと、自分と会っていない時に彼氏が何をしているのか、誰といるのかなどが気になってしまい、何も手につかなくなってしまいます。
普段のテンションも恋愛によって大きく左右されるので、周りを振り回してしまいがち。
そしてこのような女性は尽くしすぎる傾向にあり、相手に愛が重いを思われてしまって別れることが多いです。
もしくは、モラハラやDV、ダメ男にハマってしまうパターンもあります。

相手を束縛してしまう

彼氏が好きすぎるあまり、過剰に束縛する女性も多いです。
男性でも女性でも束縛されるのを喜ぶ人は少ないですよね。
特に社会人の男性だと付き合いもありますし、すべて彼女の言う通りにすることはできません。
しかし、束縛がひどい女性は、たとえ仕事であったとしても「浮気している」などと妄想して相手を責めたり、相手のSNSを隅から隅までチェックしたり、異常なまでの執着を見せます。
それに疲れて別れを決意する男性も多いですよ。
いわゆるメンヘラ女子というやつです。
一緒にいる時は甘えてきて可愛いですが、そばにいない時には妄想や不安に取り憑かれて別人のようになります。

自分のことばかり主張する

自分の気持ちばかりを主張して、相手の気持ちが考えられない女性も恋人と長く付き合うことはできません。
自分が自分がの精神なので、彼氏と喧嘩になることが多いでしょう。
しかし、彼氏の気持ちや状況を考えることはできないので、喧嘩が平行線を辿ることが多いです。
特に女性は、相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先する傾向にあります。
この場合も、彼氏にうんざりされてしまった別れることが多いです。

男性編

気遣いができない

男性が恋人と長続きしない理由のナンバーワンは気遣いができないことです。

例えば、彼女が体重を気にしているのに「ちょっと太った?」とか平気で言ってしまうとか(笑)
そのくせ、髪型を変えても気づかなかったり、体調が悪くてもおかまいなし・・・とにかく鈍感で気遣いができない人が多いです。
また、男性は合理主義の人が多いので、女性の悩みなどに対して合理的な意見を言ったりしますよね。
しかし、女性が求めているのはそういうことではなくて、「気持ちわかるよ」の一言なんですね。
そういう面でも気遣いができない男性は多いです。
このような男性は普通にモテませんし、付き合っても長続きしにくいです。

「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない

男性に多いのが「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えないこと。
慣れてくると「やってもらって当然」という感覚になり、感謝を口にしなくなる人がかなり多いです。
また、プライドが高いので自分が悪くても「ごめん」と言えません。
人として当たり前のことが当たり前にできないのですから、これでは長続きさせるのは難しいですね。

お金にだらしない

当然、お金にだらしない男性も恋人と長続きしません。
お金の使い方は、人間の性格が一番現れると言っても過言ではありません。
お金にルーズということは、その他のこともだらしない人だと予測できます。
彼女がダメ男を愛せる女性でなければ、すぐに別れを言い渡されるでしょう。

長続きさせるためのコツ

小さな感謝を口にすること

恋人と長続きしたいのであれば、感謝の言葉を口にしましょう。
どんなに小さなことでも、当たり前と思わずに「ありがとう」と言える人になりましょう。
ありがとうと言われて嬉しくない人はいませんよ。
誰に対してでもありがとうという気持ちを忘れずに生活すれば、自分も気持ちよく過ごすことができます。

干渉しないけれど無関心でもない距離感

一番良いのは、お互いに干渉しないけれど、無関心でもない、そのくらいの距離感です。

カップルには距離感が大事、とお話しましたよね。
交友関係を根掘り葉掘り聞いたり、仕事のことに口出しするのはNG!
でも相手のことに無関心すぎても寂しいと感じさせてしまいます。
相手を否定せず認めた上で、相手に興味を示してあげましょう。
そして、お互いに自分の時間を大事にすること。
この適度な距離感が長続きカップルの秘訣です。

恋人以外に夢中になれるものを持つ

恋愛が生活の中心になってはいけません。
恋人以外に仕事でも趣味でも、何か夢中になって打ち込めるものを持ちましょう。
四六時中、恋人のことを考えてマイナス思考に陥ったり、他のことが手につかなくなると言ったことがなくなりますよ。
特に女性は、彼氏が趣味になりがち。
他にも自分を輝かせるものがあるということを忘れないでくださいね。

常に自分磨きをする

恋人にずっと愛されるためには、自分磨きをおこなうことも重要です。

付き合うまでは振り向いて欲しくて自分磨きを頑張っても、付き合った途端にだらしなくなってしまっては意味がありません。
常に相手にとって最高のパートナーでいることができるように努力し続けてください。
これは、男性の方に特に言えること。
男性は両思いになった途端に安心してしまって油断する人が多いですよ。

本音で話し合える関係になる

本音で話し合える関係になることも大事。
不満や悩みを抱え込むと、時間が経つことでより大きくなってしまいます。
たとえ小さな不満でも感じた時にすぐに伝えることで、解決策を考えることができますよ。
超能力者でもない限り、相手の考えていることは分かりません。
まずは口に出すことから始めましょう。

お互いの価値観を認め合うこと

価値観の違いで分かれてしまうカップルも多いですが、価値観が違うことを認め合うことで、より長続きできるカップルになれるでしょう。
どうしても相容れない場合は仕方ありません。
しかし相手に価値観を押し付けず、「そういう考え方もあるね」と考えることで、気持ちも楽になりませんか?
何も同じ価値観でなければならないわけではありません。
一人の人間として、お互いに認め合い、一緒に過ごしていくことの方が大事ですよ。

まとめ

長続きするカップルと長続きしないカップルの特徴を紹介しました。
相手とのほどほどの距離感をとることや、恋人以外に打ち込めるものを見つけることは、恋人とうまく行くためにとても大事なことです。
彼氏と長続きしたい人はぜひ参考にしてみてください♪

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ