彼氏との上手な別れ方!別れる前の準備や場所、切り出し方のポイントを解説

始まりがあれば終わりがあるように、恋愛にも別れがつきものです。

別れを決意したら、次はどうやって別れ話をしようかと頭を悩ませますよね。
今回は、円満に彼氏と別れる方法について、その準備や伝え方のポイント、別れ話をする場所などについて解説していきます。
また、まだ別れるか悩んでいる人はコチラの記事を参考にしてみてください。

別れる前にする準備

いきなり別れ話はNG

別れ話が拗れてしまう一番の原因は、いきなり別れを切り出すこと

相手はあなたがまさかそんな風に考えているなんて思っていないかもしれません。
すると、「別れたくない!」と引き止められたり、「他に好きなやつができたのか!」「俺の何が悪いんだよ」などと逆ギレされてしまう可能性もあります。
別れ話を円満に終わらせるには、事前に別れたい素振りを見せておくことが大事です。
あなたの態度の変化によって、彼も心の準備をすることができるのです。
お互いのダメージを最小限に抑えて円満に別れるためには、事前準備が必要なのです。

今まで我慢していたことや不満を伝える

まず、あなたが彼に対して感じている不満や、今まで我慢してきたことを伝えてください。
それが別れる原因なら尚更です。
彼はあなたが不満を持っていることに気づいていないかもしれませんし、能天気にうまくいっていると思っているかもしれません。
そんな状態でいきなり別れたいと言ってしまうと、それはまさに青天の霹靂、彼のショックは深いものになるでしょう。
そうならないために、先に不満を持っていることを伝えて、彼自身に気づかせるのです。

会う頻度・連絡を減らす

直接的に会う頻度や連絡する頻度を減らすのも、相手に別れを匂わせる方法としては有効です。

何度かデートを断られれば、「あれ?最近ちょっと冷たいかも?」と感じ始めるはず。
いつも即レスしていたLINEも返すのを遅らせてみたり、自分から連絡をしないようにするなども良いですね。
ただ、単純に連絡が減ると「何かあったのかな?」と彼氏は心配して、余計に連絡してくることもあるので注意しましょう。
その場合は別れを匂わせていると思われない可能性もあります。
無視するのではなく、「忙しいから」と理由を告げて会わないようにしましょう。
しばらく会わなければ、さすがの彼でも「おかしいな」と気づくはずです。

自分から連絡しない

自分から連絡しないようにするのも、相手に気持ちが冷めていることを気づかせる良い方法です。
相手から連絡が来ても最低限の返事しかせず、いつも自分から連絡しているとなれば、誰でもなんとなく察するでしょう。
「最近冷たいな・・・」「冷めちゃったのかな?」と思ってしまいますよね。
そのように相手に思わせることで、別れ話をした時の衝撃を少なくすることができます。
相手に別れるかも?と予測させておくことが大事です。

同棲している場合は距離を置く

同棲している場合は、連絡や会う頻度を減らすのは容易ではありません。
この場合は、「少し距離をとりたい」とはっきり言ってしまう方が良いです。
一緒に住んでいるのに避けているのは気まずいですし、相手に「浮気じゃないか」「最近おかしい」と問い詰められてしまう可能性があります。
実家が近くにある場合は、しばらく実家に帰ると伝えて、物理的に距離をとるのが良いでしょう。
しかし、頼れる実家や友人の家がない場合は、出ていくというのは難しいですよね。
先に引っ越し先を探しておく必要があるかもしれません。
引っ越し先が決まった状態であれば、別れ話もスムーズに進むでしょう。

別れ話をする場所・時間

では次に別れ話をする場所や時間について紹介していきます。

二人きりにならない場所

まず、絶対に守ってほしいポイントがあります。
それは二人きりにならない場所を選ぶということです。
例えば、どちらかの家や車の中などです。
どうしてダメかというと、相手が怒ってしまった場合でも、人目がある場所であれば少しは冷静さを保つことができるからです。
密室では怒鳴ったり、暴力的になってしまう可能性もあります
冷静に穏便に別れ話をするためには、周りに人がいるスペースであることが必須条件です。

カフェや公園がベスト

カフェやレストラン・公園など、人が多く出入りする場所で、静かすぎない場所が別れ話をするのには最適です。
重い話をするのだからと個室を取ってしまうと、逆に話しづらい雰囲気になってしまいますし、人目が気にならないので感情的になりがちです。
穏便に別れるためには、感情的になりすぎず、「どうして別れたいのか」をフラットに伝えることが最も大事です。
少し賑やかな雰囲気の場所を選ぶと良いでしょう。

お酒の入る場所を避ける

別れ話をするのに、お酒を飲むのはNGです。

言いづらいからお酒の力を借りたいと思う人もいるかもしれませんが、お酒が入ることでお互いに冷静な判断ができなくなります。
相手を傷つけるような言葉を言ってしまったり、喧嘩になってしまうことも考えられるのでNGです。
また、お酒が入っていたから、という理由で、別れ話をきちんと終わらせることができない場合もありますよ。
改めて冷静なときに別れ話をしなければいけなくなってしまうので、二度手間になってしまいます。
酔った状態での別れ話は絶対に避けるようにしましょう。

できれば昼間が良い

別れ話はできれば間にしましょう。
というのも、夜は人間を感情的にさせてしまうからです。
彼が感情的になってしまうと、冷静に別れ話を受け入れることができなくなる可能性があります。
また、彼に「別れたくない!」と言われてしまったら、あなたも心が揺らいでしまうかもしれません。
よりスムーズに別れるためには昼間に別れ話をしましょう。

別れ話の切り出し方・伝え方のポイント

別れ話の切り出し方にも円満に別れるためのポイントがあります。

「別れたい」と最初に言う

別れを告げるときは、最初に「別れたい」ということを伝えましょう。
相手への罪悪感や気まずさから、普通通りに雑談をしてからだと、どんどん言い出しづらくなってしまいます。
彼は薄々振られるのではと感じていても、雑談が続けば「このままうまく説得できるのでは?」という期待を与えてしまうのです。
普通にデートした後に別れ話を切り出すのも絶対にやめましょう。
相手を期待させるだけではなく、余計に傷つけることになってしまいます。
別れ話をすると決めた日には、雑談は避け、別れたいということを率直に伝えるようにしてください。

別れる理由から話し始めない

また、先に別れたい理由=相手への不満を話すのはNGです。
理由を先に話すと、相手はそれを改善すればまだ付き合えると思ってしまいます。
例えば、「いつも振り回されて辛かった」と話したとすると、「そうか、ごめん。今度からは気をつけるね」と、言い返されてしまい別れを告げることができなくなります。
ですから、理由を先に話すのではなく、「別れたい」→「理由は〜だから」という順序でなければなりません。
また、あなたが別れるという強い意志を見せれば、もう何を言っても無駄だなと思わせることができますし、そうなれば相手は理由を聞いてこない可能性もありますよね。
今まで我慢していた不満をぶつけたくなる気持ちはわかりますが、感情的になって別れ話がもつれる原因になるのでやめましょう。
別れ話を円滑に進めるには、不満を言うのは事前に済ませておくのが良いでしょう。

事前に話したいことがあると伝えておく

事前に、その日に話したいことがあると伝えておくのも大事です。

相手に別れを覚悟させるということです。
普通通りデートのつもりでやってきて、いきなり別れ話をされたら、なんとなく気持ちが離れているのがわかっていてもショックは大きいですよね。

冷静に話すこと

冷静に話すこと、これも別れ話をこじらせないポイントの一つです。
相手は「別れたくない!」と感情的になってくる場合もあるでしょう。
しかし、それにつられてはいけません。
彼のことを好きだった気持ちが蘇ってきて悲しくなったりすることもあるでしょう。
しかし泣いたり悲しそうにしてはいけません。

「まだ俺のことが好きなんだ」と相手に付け入る隙を与えてしまいます。
また、今までの不満を感情的にぶつけてしまうと、言い合いになり喧嘩のようになってしまうこともあります。
そうなるとお互いに傷つけあってしまい、円満な別れとはいきません。

大事なのはあなたがしっかり考えて、勢いではなく「別れる決意」をしてきたこと。
決意がかたければ、彼に別れたくないと言われても、その感情に引きずられることはないでしょう。

期待を持たせる言い方は避ける

相手への優しさや気遣いは見せないようにしましょう。

もちろん、思いあって付き合ってきた相手ですから、傷つけて申し訳ないという気持ちは生まれるでしょう。
しかし、それを見せてしまうと相手は期待してしまいます。
例えば、感情的になった相手にひきずられて「好きだけど、もう一緒にいれない」などと相手へ言ってしまったら、復縁できそうだと思わせてしまいますよね。
別れるときには、相手を期待させる言葉はNGです。
はっきりと別れたいと言ってあげることが相手への一番の優しさですよ。
また、きちんと別れたい理由を言わなかったり、言葉を濁すようなことをすれば、相手も納得できないまま終わることになります。

終わる時間を決めておく

別れ話をするときには、終わりの時間を決めておくと良いですよ。
話し合いは長引けば長引くほどこじれる確率が上がりますし、感情的になります。
冷静に話をするためにも、1時間から2時間程度で終わらせるのが良いです。
もしもその時間で話が決着しなかった場合でも、一旦そこでやめましょう。
ズルズル長時間話をしても話はまとまらない場合が多いからです。
彼も一旦一人になり、冷静に考える時間が必要なのです。
無理に一度で別れ話を完結させる必要はありません。
その日に相手が納得してくれなかったら、後日もう一度話し合いの時間を取りましょう。
お互いに納得して別れるのが、円満に別れる方法です。

まとめ

別れると決意したら、できるだけ揉めずに円満に別れたいと思いますよね。
一度好きになった相手ですから、お互いに傷つけ合わずにいたいものです。
相手に納得してもらうのは大変ですが、あなたがしっかり考えて出した結論であることを誠意をもって伝えましょう。
どんなに相手が感情的になっても引きずられないことが大事です。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ