彼氏と別れるべき?恋人と別れるか迷った時にしたい6個のこと

恋人と付き合っていると、「もう別れた方がいいんじゃないかな・・・」と思うことってありますよね。

しかし、本当に別れて良いのか思い悩んでいる人もいるでしょう。
勢いに任せて別れを選んでしまうと、後々後悔してしまう可能性もあります。
今回は、彼氏と別れを決意する前に実践して欲しい6個のことについて解説しました。
また、別れずに今後も付き合っていく場合の注意点についても紹介しています。

彼氏と別れる前に実践するべき6個のこと

彼氏と別れる前に一旦落ち着いて考えて欲しい6つのことを紹介します。

①第三者に相談する

第三者に客観的な意見を聞いてみましょう。
別れるかどうか悩んでいる時というのは、気持ちが昂っている状態なので正常な判断ができません。
客観的に物事をみることができない状態です。
そんな時には、信頼できる友人やあなたのことをよく知る人に相談するのがおすすめ。
客観的な意見を言ってくれるのはもちろん、「あなたが幸せになるためにはどうするのがベストか」を考えてくれるでしょう。
特に、あなたの恋愛遍歴を知っている友人であれば、あなたの表情や行動を見るだけで今が幸せか、幸せでないかを判断することができるはずです。
幸せでない状態なのに、彼氏と無理に付き合い続けるようにアドバイスする人はいないでしょう。
恋愛中というのは自分のことを客観的に見ることができません。
そういう時に、信頼できる友人の意見というのはかなり参考になるでしょう。

②別れたい理由を書き出してみる

別れたい理由をひとつひとつ書き出してみましょう。
この書き出すという行為は、可視化するということ。
紙に書き出して目で確認することで、改めて頭の中を整理することができるというメリットがあります。
頭の中でぐるぐる考えているよりも効率的ですし、自分の考えを改めて実感することができます。
例えば、彼氏との喧嘩が原因で別れを考えているのであれば、その喧嘩の原因を書き出していきましょう。
喧嘩の原因が「彼氏が構ってくれない」「寂しくて八つ当たりしてしまった」などであれば、きちんと話し合うことで解決できる可能性があります。
しかし、彼氏がお金にルーズだったり、浮気だったりする場合は、あなたがそれを許せるかどうかが問題になります。
このように別れたい理由を書き出すことは、自分の力で解決できることか解決できないことかを判断する材料になります。

③距離を置いてみる

別れる前に絶対にして欲しいのが、物理的に距離を置くこと。

距離を置くことで、冷静になることができ、客観的に自分を見ることができるようになります。
そうすることで相手の行動や気持ちについても考えることになります。
そこで彼の大事さに気づく場合もありますし、逆に離れて気持ちが楽になったという場合もあります。
関わらない状態を作ることで、本当の自分の気持ちと向き合うことができるのです。
喧嘩した後などは、「すぐに解決したい!」「すぐに結論を出したい!」と思う女性は多いですが、一番効果的なのは落ち着くことです。
一時的な感情で別れる決断を下してしまうと、後になって後悔する可能性が高いです。
しかし「やっぱり別れたくない!」と言っても、時すでに遅し・・・彼の気持ちは遠ざかっているなんてことも。
数日では気持ちが落ち着かないという人は、1週間でも2週間でも時間をおいて良いと思います。
自分の気持ちと向き合って、最善の結論を出しましょう。

④他の異性とデートしてみる

荒療治ですが、他の異性とデートすることで、彼氏に対しての自分の気持ちを確認することができます。
他の異性とデートするということは一種の「浮気」ですから、なにかしらの感情の動きがあるはずです。
「浮気して申し訳ない」「彼氏に見られたらどうしよう」となどと感じるのであれば、まだ彼氏への思いがあるということ。
逆に彼氏のことなど忘れて楽しむことができたのであれば、彼氏と別れても「他にも素敵な人がいる」「他の人とでも恋愛できそう」と考えることができます。
もちろん、そこで肉体関係を持つようなことはNGです。
もしも彼氏にバレても喧嘩にならないように、食事程度のデートにしておきましょう。

⑤自分の努力で解決できるか考える

別れる前に、自分の努力でどうにかできる問題かどうか考えてみましょう。
人間関係において、相手を変えることは不可能であると考えた方が良いです。
では、今の関係を良好にするためにはどうすればいいかというと、自分が変わるしか方法はないのです。
つまり、相手の嫌な部分を自分が許せるかどうか、ということです。
浮気された・暴力を受けたといったようなパターンでなければ、案外許せることもあるかもしれませんよ。

また、ただすれ違っているだけの場合もあります。
例えば、彼に過剰に期待しすぎてしまい、それが叶わなかった時に相手に強く幻滅してしまったり。
また、「言葉にしなくてもわかって欲しい」という思いから、自分の気持ちを相手に伝えなかったために、すれ違いが生じているのもよくあるパターンです。
この場合は、きちんと言葉にできていたか、相手に期待しすぎていないか、自分中心に考えていなかったかを振り返ってみると良いですね。
自分の考え方一つで相手の行動を許せるようになるかもしれません。

⑥相手がいなくなった時のことを考える

相手がいなくなった時のことを考えてみましょう。
もしも相手のことをまだ愛しいと感じているのであれば、別れた後のことを想像したら胸が苦しくなるでしょう。
付き合っている時には「一緒にいて当たり前」と思いがちですが、いざいなくなると心にぽっかり穴が空いたようになりますよね。
別れを想像することで、あなたにとって彼が必要な人なのかどうかを知ることができます。
逆に、彼と別れることで気持ちが楽になる人もいます。
彼氏と過ごす時間が苦しいものになっている場合は、彼と離れることで解放されるので別れた後のことを想像しても辛い気持ちにはならないでしょう。
もちろん、付き合っていたわけですから、少しも寂しさがないわけではありません。
しかし、それを上回るスッキリした気持ちがあるのです。

彼氏との別れを決意するべきパターン5つ

こんな彼氏とはすぐに別れた方がいい!という5つのパターンを紹介します。

①お金にルーズ

彼がどんなにあなたに優しくて良い人でも、お金に関してルーズな場合は別れるべきです。
ギャンブルにお金をつかう人や、自分の収入に見合わないお金の使い方をしている人には注意。
どんなにあなたが彼を好きでも、将来必ず苦労するので早めに別れましょう。
浪費癖のある人は、よっぽど固い決意がなければ、生活をかえるのは難しいです。
また、洋服やブランド品、車など、趣味に大金をかけるタイプも、同棲や結婚をした時に生活費を入れてくれないなどのトラブルになりやすいです。
しかし、このようなタイプはデートでもたくさんお金を使ってくれるので、付き合っている間は刺激的で楽しい経験ができます。
刺激的な恋愛というのは、一度経験してしまうと離れがたく、他の人では満足できなくなる場合もあるので、早めに離れた方が安全です。

②スキンシップに抵抗がある

「キスされるのが嫌だ」「セックスしたくない」など、恋人特有のスキンシップに抵抗を感じてしまったら別れた方が良いでしょう。
それはあなたの恋愛感情が冷めてしまっている証拠です。
恋愛感情がない相手と一緒に過ごす時間は、けして楽しいものではありませんし、相手にも伝わるものです。
お互いに気まずい雰囲気を抱えたまま付き合っていくのは、幸せになれませんし、時間の無駄とも言えます。
早めに決着をつけた方が良いですよ。
ただ、それがただの倦怠期の場合もあるので、よく考えてから行動しましょう。
倦怠期やマンネリを解消するために行動してみても、恋愛感情が戻らないのであれば、別れる決意が必要でしょう。
倦怠期の乗り越え方のポイントはこちらの記事で解説しています。

③裏切り行為をされた

彼氏に浮気された、大きな嘘をつかれていた・・・このような裏切り行為をされていた場合も別れるべきです。

「浮気癖は一生なおらない」と言われているように、一度浮気をした人は、その後も浮気を繰り返します。
浮気をされるということは、彼氏がそこまであなたのことを大事に思っていないという証拠です。
本当に大事に思っている人には、嘘や浮気で悲しい思いをさせたくないと思うものです。
浮気する人は、相手の気持ちよりも自分の欲求を重視する傾向にあるので、付き合い続けても浮気以外にもあなたが辛い思いをする結果になるでしょう。

もしくは、あなたへの愛情が薄れてしまったために嘘をついて浮気をするのかもしれません。
そうなったらお互いのためにもさっさと別れてしまうのが良いですね。

④人格を否定するモラハラ気質

あなたの人格を否定してコントロールしようとするモラハラ男とは、すぐに別れるべきです。
あなたを見下した発言をしたり、あなたの意見をすべて真っ向から否定するような男性は完全にモラハラ気質です。
外面は穏やかそうで、周りから信頼されている場合も多く、最初は気づかないケースがほとんどです。
しかし、付き合っていくうちに、彼女の人格を否定し自己肯定感をさげ、支配しようとしてきます。
このようなモラハラ男にハマってしまうと、実際には自分は悪くないのに「私がだめなせいで」と自分を責めてしまうようになります。
直接暴力を受けたのであれば、すぐに別れようと思えますが、言葉の暴力は気づかないうちにコントロールされていることがあり、最も危険です。
「自分が頑張ればもしかしたら変わってくれるかもしれない」という考えは捨てましょう。
自分の人格を否定してくるような相手とはすぐにでも別れた方が良いです。
モラハラやDV気質は直すのがとても難しいです。

⑤相手に結婚願望がない

あなたが結婚を見据えて付き合っているのに、彼氏に結婚願望が全くない場合、付き合っている時間が無駄なので別れましょう。
中には、「付き合っていたら変わってくれるかも!」という考えで結婚願望のない男性と付き合い続ける人もいるかもしれませんが、はっきりいって意味がありません。
その間にも素敵な男性は結婚していってしまいます。
あなたが結婚したいのであれば、今の彼氏は必要ありません。
結婚する気がないなら別れる」といって、彼の気持ちが少しも変わらないのであれば、お互いにとって離れた方が良いでしょう。

別れずに付き合い続ける場合の注意点

自分の時間を大事にする

まずは自分の時間を大事にすることです。

別れるかどうか悩むということは、ことあるごとに彼のことを考えているということ。
彼と付き合い続けるにしても、別れるにしても、自分の時間全てを彼のことでいっぱいにしてしまうのは良くありません。
そうすると、彼氏に依存している状態になってしまいます。
彼氏や恋愛に依存すると、視野が狭くなり、彼の行動一つで振り回されるようになります。
充実した恋愛をするためには、自分自身を大事にする必要があります。
自分を犠牲にしてまでする恋愛では、結局うまくいかないでしょう。
恋愛だけではなく、自分の趣味や仕事、友達との時間を大事にしてみてください。

本当に「好き」か改めて考える

別れるか悩んでいる時に、彼氏の嫌な部分を書き出してみるという対処法を紹介しました。
これは逆で、彼の好きなところを書き出します。
そうすることで彼に対する自分の思いを明確にすることができます。
相手の好きなところだけではなく、こんなことをしてくれて嬉しかったといった出来事についても書き出していくと、その時の感情が蘇ってきます。
相手に「好き」という気持ちがあることが確認できれば、また仲良く付き合っていくことができます。
この方法は倦怠期の対処法としてもおすすめです。

本音を言うこと

付き合っていく中で大事なのが、相手に本音で話ができるかどうかということ。
もちろん、付き合い始めは相手にどう思われるかなど考えてしまい、本音を言うのは難しいですよね。
しかし、付き合ってしばらくしても遠慮してしまって本音が言えないような関係では、信頼関係が築けているとは言えません。
勇気がいることかと思いますが、相手へ自分の本当の気持ちを伝えられるようになりましょう。
むしろ、本音で話し合えない相手とは別れた方が良いです。

まとめ

別れを決意するのには大きな勇気がいりますよね。
勢いで別れてしまって後悔しないように、一旦冷静になって考えてみてくださいね。
一人で決めずに信頼できる人に相談したり、気持ちを紙に書き出して目にみえるようにするのも、自分の気持ちを再認識するのにおすすめの方法ですよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ