本当に愛されてるの?ドライな彼氏と上手に付き合うための5つの方法

付き合っている彼氏がドライすぎてつらい。

ドライな彼氏と付き合っている女性は、寂しさや不安を抱えている人が多いようです。
そんなドライな男性の特徴やメリット・デメリットを解説していきます。
また、ドライな彼氏とうまく付き合っていくための方法を紹介します。

ドライな彼氏の特徴

執着しない

ドライな彼氏は、彼女に一切執着しません

そのため、彼女がどこで何をしているか、彼女はどう思っているのかといったことは全く気になりません。
良い意味で嫉妬心や独占欲がないので、「もしも浮気していてもしかたない」とすら思っています。
だからと言って彼女を愛していないわけではないのですが、彼女としては距離が遠く感じることもあるでしょう。
逆に、執着がひどい束縛男は精神的に追い込まれますが、愛されている実感はあるという女性が多いです。
その点、ドライな彼氏からは、愛されている実感が薄いと感じるかもしれません。

マイペース

ドライな男性の特徴として「マイペース」ということもあげられます。
人に合わせるということが基本的にないので、彼女が振り回される場合がほとんどです。
周りがクリスマスなどのイベントで盛り上がっていたり、世間で流行っているからと言って流されることはなく、自分の世界を生きている感じです。
色々なことにこだわりが強いので、他の人の意見に左右されることもありません
もちろん、彼女ができたからと言って、ペースは変わりません。
そのため、彼女としてはドライに感じてしまうかもしれませんね。

趣味や仕事に没頭するタイプ

趣味や仕事に熱中するタイプの男性も、恋愛にはドライに見えますね。
男性の生活の中で彼女に対する優先順位が低いためです。
別に最初から彼女をおざなりにするつもりではありませんが、自分の趣味や仕事の時間はしっかり確保したいので、どうしても彼女が後回しになってしまうのです。
そのため、彼女としては「私と仕事とどっちが大事なの?」と思ってしまいますよね。
しかし、そんな質問をされるとドライな男性は一気に冷めてしまうので、思っても絶対に口に出さないようにしてくださいね。

連絡の頻度が少ない

ドライな男性は連絡の頻度が少ないという特徴があります。

LINEや電話は業務連絡でのみ使用するイメージなので、コミュニケーションツールだとは捉えていません。
そのため、「今日は〇〇したよ」といった普通の会話などはあまり好みませんし、さっさと会話を終わらせてしまいます。
いつもそっけない雰囲気になってしまうので、彼女に寂しい思いをさせてしまうことも。
しかし、男性としては、日常の話題はラインじゃなくて会ったときに話せばいいし、お互いに好きなんだから大丈夫だろうという気持ちであまり連絡をしないのです。
そのため、用事がある時しか連絡しない人が多いですね。
女性は会っていない時も、ラインや電話で他愛もない会話をしたい人が多いので、「本当に愛されているかわからない」と思ってしまいます。

愛情表現も少ない

ドライな男性は愛情表現が少ないです。
それは、「わざわざ言葉にしなくてもわかるだろう」という考えだからです。
むしろ、口だけで「好きだよ」ということの方が無意味じゃないかと思っています。
本人的には態度や行動で愛情を示しているつもりなんです。
しかし、言葉での愛情表現がないと女性は不安になるもの。
女性の気持ちに鈍感で、彼女が寂しがっているということもあまり気づかない人が多いですね。
また、単純に今までずっと愛情表現をしてこなかったので、表現の仕方がわからなかったり、苦手だったりする場合もあります。

依存されるのが嫌い

ドライな男性は依存されることを非常に嫌います
また、自分の依存や執着も無駄なものだと思っているので、相手の依存心に対して嫌悪感を抱く場合があります。
これは過去の恋愛で執着してしまって傷ついた経験や、「お母さんに褒めてもらえなかった」という幼少期のトラウマを抱えている可能性があります。
そのような経験から「愛されたい」「求められたい」といった気持ちを封印してしまっているのです。
本当は心の中に依存心があるのに、押さえ込み否定する癖がついているのでしょう。
だから、彼女から依存されることも、自分が依存することも、無意識に拒絶してしまうのです。

去るものは追わず

ドライな人は「去るものは追わず」の精神が強いです。
そのため、一度でも別れた相手とは復縁することはありません
よく女性はケンカの際に「もう別れる!」と勢いで言ってしまうことがありますが、それに対しても「そう思うなら仕方ないね」と冷たく突き放すでしょう。

ドライな彼氏と付き合うメリット・デメリット

メリット

精神的に自立することができる

ドライな彼氏と付き合うと、精神的に自立することができるというメリットがあります。

ドライな男性と付き合うには、お互いに依存し合わず自立している必要があるからです。
依存心や束縛は、ドライな男性が最も嫌うこと。
また、愛情表現や連絡頻度が少なくても、相手を信じることができれば、寂しさを感じることも無くなるでしょう。
もちろん、最初は苦しいかもしれませんが、ドライな彼氏と付き合っていくことで少しずつ精神的に成長していくことができるでしょう。
依存心や執着を手放せば、嫉妬や不安を感じることがなくなり、恋愛は確実にうまくいきますよ。

自分の生活を楽しむことができる

ドライな彼は、恋愛の優先度が高くはありません。
そのため、ずっとべったり一緒にいるような恋愛にはならないでしょう。
彼は自分の趣味や仕事を大事にしているので、その時間を割いてまで彼女と会うようなことはしません。
だから、あなたも自分の生活を楽しむことができます
今まで「彼氏=趣味」だった女性にはきついかもしれませんね。
ドライな彼氏と付き合うということは、恋愛依存から脱出して、自分の人生を謳歌することができるようになるチャンスとも言えます。

デメリット

寂しさを感じる

ドライな彼氏は、愛情表現が少なく、けして彼女を優先してくれないでしょう。

仕事や趣味を優先されるのは当たり前と思っておいた方が良いですね。
そのため、どうしても寂しさは感じます。
一緒に過ごす時間が少ない上に、連絡もあまり取らないとなると、コミュニケーション不足になってしまいますよね。
寂しい気持ちをどう消化していくかが、付き合ってく上での一番の問題でしょう。

自信をなくす

自分が愛されているのかわからなくなり、自信を無くしてしまうこともあるでしょう。
ドライな彼氏は「かわいい」「好きだよ」という愛情表現をしない上に、彼女を頼ることもありません。
女性は彼氏に褒められたり、愛されていると実感することが一番の自信になります。
それが一切ないということは、どうしても自信の喪失につながりますよね。

彼氏以外のことで自己肯定感を高く保つ必要があります。
そうでないと、ドライな男性とは付き合っていくことは難しいでしょう。

浮気されているのではないかと不安になる

あまりにも連絡がなかったり、自分に対してそっけなかったりすると、「もしかして浮気されているのでは」と不安な気持ちを抱えてしまう女性もいます。
猜疑心は一度抱いてしまうと消すのは難しいです。
ちょっとした彼氏の行動でも不安や疑いの気持ちを抱いてしまうのです。
しかし、それをドライな彼氏にぶつけるようなことをしてしまうと、彼は引いてしまいます。
なぜなら彼は彼なりに愛情を態度で示しているつもりだからです。
言葉での愛情表現を重視する女性には難しい恋愛になるでしょう。

ドライな彼氏とうまく付き合う方法5つ

①ドライなことを認めてあげる

まず、「彼はこういう人なんだ」と認めてあげることが大事です。

ドライな人を変えようとしても、変えることはできません。
変わることができるとすると、それはあなた自身です。
ドライな彼氏と付き合い続けたいのであれば、あなたが彼を認めて、彼に合わせていく必要があります。
彼は愛情表現が少ないけれど、ちゃんと自分を愛してくれていると信じること。
会う時間は少なくても、彼の中では満足しているということ。
つまり、彼に求めないことです。
「ドライで冷たいところが嫌だからもっとかまってほしい」と求めるは彼の気持ちを逆に冷めさせてしまう場合もあるので注意しましょう。
彼はドライなところが魅力なんだと認めてあげましょう。
もしも、寂しさや不安に耐えられないのであれば、自分とは合わないと割り切って別れるのも一つの手です。

②依存しないこと

次に大事なことは、彼氏に依存しないことです。
ドライな男性は、自分自身が相手に依存したり執着することを嫌います。
同じように、彼女から依存されたり束縛されることを負担に感じますし、ひどい場合は嫌悪感を抱きます。
彼氏に依存する女性ではなく、精神的に自立している女性を求めているので、執着は厳禁ですよ。
会っていない時間の彼の行動をチェックしたり、疑うようなことをしてはいけません。
彼に依存すればするほど、彼の気持ちは離れていくと思っておきましょう。

③言葉ではなく態度を見る

ドライな男性は言葉での愛情表現が苦手です。

しかし、ドライな男性は自分なりに態度で愛情を表現しているつもりなのです。
例えば、忙しくてもデートの時間をきちんととっていることや、時間が空いた時には自分から連絡したりなど。
ラブラブなカップルと比べると当然のことでも、ドライな彼氏にとっては頑張っていたりもするのです。
だから、そういった彼の行動を見てあげてください。
物足りないと感じるかもしれませんが、それが彼の愛情表現なのです。
よく観察すると、意外と行動で愛情を示してくれているかもしれませんよ。

④試すようなことはNG

ドライな男性は執着しないので、「来るもの拒まず、去るもの追わず」です。
だから、他の男性の話をして嫉妬心を煽ろうとしたり、「別れたい」などといって彼の気持ちを確かめようとするようなことは逆効果です。
「そういうことならしかたない」とあっさり別れることになってしまいますよ。
しかも、一度手放したものに対してはすぐに興味がなくなってしまうので、復縁するのも難しいです。
試すようなことをするよりも、彼を信じて一緒にいることが大事です。

⑤寂しさは彼氏以外で埋める

ドライな彼氏と付き合っているとどうしても寂しいと感じることがあるでしょう。
しかし、寂しさを彼氏にぶつけるのはNG!
彼は、「彼がいないと生きていけない」といった恋愛依存な女性よりも、「一人でも充実した時間を過ごせる」精神的に自立している女性を求めています。
だから、寂しい気持ちは、友達と遊んだり自分の趣味に没頭することで発散しましょう。
彼に求めてもあなたが思うような行動はしてくれません。
むしろ、「重い」と思われて気持ちが冷めてしまう可能性があります。
新しいコミュニティーに参加してみたり、自分磨きにいそしんで、女性としても魅力をアップさせるのもおすすめです。
寂しいと感じる時間がないくらい自分の生活を充実させましょう。

まとめ

いかがでしたか?ドライな彼氏とうまく付き合っていくための方法を紹介しました。
ドライな彼氏と付き合うと寂しい気持ちになりますし、自信をなくすこともあるでしょう。
しかし、精神的に成長できるチャンスとも言えますよ。
彼氏がドライで悩んでいる女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ