• HOME
  • BLOG
  • MARAMIKHU 記事
  • 「占い」と「スピリチュアル」はどう違うの?それぞれのメリット・デメリットを解説

「占い」と「スピリチュアル」はどう違うの?それぞれのメリット・デメリットを解説

スピリチュアル占い」「スピリチュアルカウンセラー」といった言葉があるように、よく「スピリチュアル」と「占い」は同じようなものとして捉えられていますよね。

しかし、実際は占いとスピリチュアルは全く違うものなのです!
今回は、そんな2つの違いやそれぞれのメリット・デメリットを検証していきます。
また、スピリチュアル占いに関しても解説するので、気になっている人は是非参考にしてみてください。

占いとスピリチュアルの違いは?

テレビやネットではしばしば「スピリチュアル」と「占い」がセットで登場しますよね。

占いとスピリチュアルの違いについて見ていきましょう。

占いの定義

まず、占いの定義ですが、「命術」「卜(ぼく)術」「相術」の3つの統計学に基づいた占術で、恋愛・対人の悩みや仕事運などについて鑑定する方法です。

  • 命術(四柱推命・九星気学・西洋占星術など)
  • 卜術(タロットカード・ルーン占い・易学など)
  • 相術(手相・姓名判断・風水など)

生年月日や生まれた場所、星の位置など、普遍的なものに基づいて占っていく「命術」、タロットやおみくじなど偶然の要素を使って気持ちを占う「卜術」、手相に代表される「相術」を組み合わせて占っていきます。
あくまでも統計上のデータに基づくので、人の性質や未来に起こることに対する的中率が高いのが特徴です。

スピリチュアルの定義

逆にスピリチュアルは、精神世界や守護霊などの目に見えない存在と対話をすることを指します。

  • 霊感・霊視
  • 波動修正
  • 浄化
  • オーラリーディング
  • 思念伝達

占い師の霊能力によって過去・現在・未来、全てを見通すことができますよ。
相談者の守護霊を通して、気になる相手の気持ちも知ることができます。
占いのタロットなどと一緒に使われることもあります。

鑑定方法の違い

占いは統計学

占いの鑑定方法は、生年月日や星座、名前などを使って統計学的に鑑定していきます。
生まれた時間や星の位置は変わることがないので、統計的な裏付けがあり納得できる結果が多いです。
気になる相手の本質的な性格や運命、自分との基本的な相性なども占うことができます、

スピリチュアルは霊力

スピリチュアルは、データではなく、占い師自身の霊力を使って鑑定していきます。
鑑定には自分や占ってもらいたい相手の具体的な情報を説明する必要はありません。
ただし、相談者と占い師の相性や、信頼度によっては正しく視れないといったこともあります。

鑑定できることの違い

占いは過去や未来の時期を当てる

占いは、過去や未来の出来事が起こるタイミングや時期を当てることができます。

例えば、「2年前くらいに結婚の話が出た」といった過去の出来事を当てられたことはありませんか?
また「半年後に転職のチャンスがある」「今年は結婚運が良い」など、未来の自分の行動の道標になってくれますよ。
人の性質や才能を知ることで、今の仕事が向いているのか、恋人とはうまくいくのかなども知ることができます。

スピリチュアルは今の自分を占える

スピリチュアルでは、今の状況や本当の心の声を聞くことができます。
例えば、復縁したい相手が、自分のことをどう思っているのか・・・そんな具体的なことも知ることができるのです。
状況を細かく知ることで、今後どうしていけばよいかを具体的に教えてくれるのがスピリチュアルです。

占いとスピリチュアルのメリット・デメリットを解説

占いのメリット・デメリット

メリット

占いは、統計学に基づいて鑑定するので、時期やタイミングを知るのに向いています。

運勢の悪い時期や、方位、注意するべき行動などを教えてくれるので、普段の生活でも気をつけて行動することができます。
例えば、起業や転職など、新しいことを始めるのに良いタイミング・悪いタイミングを知ることができたり、婚活や結婚・妊娠などに最適なチャンスも教えてくれますよ。
また、生年月日が分かれば、自分や他人の持って生まれた性質・才能などもわかります。
恋愛で悩んでいる人は、統計学的な相手との相性も占うことができるので、対策しやすいのが嬉しいですね。

デメリット

占いのデメリットは、相手の気持ちを知ることはできないという点でしょう。
相手の運勢や今の状況、相談者との相性を考えて、改善策をアドバイスすることはできますが、本当の気持ちまではわからないのです。
例えば、復縁などに良いタイミングを具体的に教えてくれるので、そこでどう行動するかを考えることはできます。
しかし、相手との間にどうにもできない溝ができてしまっている場合などは効果的ではないかもしれませんよね。
これは占術だけではなく、占い師の人生経験や人間性によって変わってくる部分ではあるので、占い師歴が長いベテラン占い師を選ぶのがオススメです。

スピリチュアルのメリット・デメリット

メリット

恋愛などの人間関係で、相手の気持ちを知ることができるのは、スピリチュアルの最大のメリットと言えます。

相手の気持ちを知ることで、今後自分がどのように行動すればよいのかがわかります。
つまり、スピリチュアルは、占いよりも、状況を改善させることに向いていると言えます。
復縁したい人や、不倫相手の気持ちを知りたい人、略奪愛を成功させたい人など複雑な人間関係に悩んでいる人におすすめです。
また、ペットの気持ちや、亡くなった人の声も聞くこともできると言われています。

デメリット

スピリチュアルのデメリットは、占い師との相性や力量によっては、当たらないこともあるという点です。
占い師との相性が悪いときや、相談者がスピリチュアル自体を信じていない場合は、いくら強い霊力を持った占い師でも靄がかかったように視えないこともあるそうです。
また、占いでは、運勢や運気の良いタイミングをハッキリと占うことができますが、スピリチュアルでは時期などを特定することは難しいです。
あくまでも人の気持ちを知ることで、状況を改善させるよう導いてくれるのがスピリチュアルです。

スピリチュアル占いとは?

スピリチュアルと占いを融合した鑑定

近年、占いとスピリチュアルを融合させた「スピリチュアル占い」が浸透してきています。

強い霊力を持った占い師が、統計学を使った占術を使うことで、より具体的な鑑定を行うことができます。
特に、相談者や相手の現状を占うことができるタロットと相性が良いので、霊感タロットを得意としている占い師は多いですよ。

スピリチュアルだけの鑑定よりも当たりやすい

相手の気持ちを知ることができるスピリチュアルは、時期を特定するのは難しいです。
そこに、四柱推命や九星気学などの占いによって適切な時期・タイミングを知ることで、より当たりやすくなるのです。
逆に、霊感霊視などのスピリチュアルだけの占い師よりも、得意な占術を持っている占い師の方がおすすめです。
占いの王道四柱推命や西洋占星術・ホロスコープなどは、学んで身につける必要があり、占いの根拠にもなりますよ。

占い師の力量によるところがある

占術の修練度に関しても、占い師の力量によるところが大いにあります。

占い師歴の長いベテランの先生を選んだほうが良いと言われているのは、経験の豊富さ=的中率に繋がっていると考えられるからです。
それだけ、多くのデータを持っているということですね。
ただし、霊力に関しては、いくら経験をつんでも、勉強をしても身につくものではありません。
こればかりは生まれ持った力になります。
その占い師が強い霊力を持っているかどうかを見極めるためには、実際に体験してみるか、口コミや評判を調べるしか方法はありません。

偽の鑑定に注意しよう

スピリチュアル占いと称して、開運グッズや祈祷・お祓い料を請求してくる占い師も存在するので注意してください。
そういう場合は、相談者の弱みにつけ込んで、嘘の鑑定をしている場合がほとんどです。
霊力もなく何も視えていないのに、「このままでは不幸になります」と相手を不安な気持ちにさせるのが特徴です。
本物のスピリチュアル占い師は、もしも心配な未来が視えても相談者を不安にさせずに、それを乗り越えるために何をするべきか、どういうことに注意するべきか教えてくれます。
ましてや、追記料金をとることはないでしょう。
詳しくはコチラの記事でも解説していますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?今回は、占いとスピリチュアルの違いや、それぞれのメリット・デメリットなどを解説しました。

自分の悩みには、どちらが相性が良いのかを知ることで、鑑定結果のズレをなくすことができますよ。
復縁や不倫など複雑な人間関係の悩みには、両方を融合させたスピリチュアル占いもおすすめです。
是非参考にしてみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ