占いの種類を徹底解説!悩みに合った占い方法を探そう

占いには様々な種類の占術があります!

今回は、代表的な占いの種類と特徴、どんな人にむいているかなどを解説していきます。
今の悩みにピッタリの占い方法を探してみてくださいね。

占いは4種類に分類される


古くから人々の生活に根付いてきた「占い」。
占いは、占い方によって大きく4つに分類することができます!

命術」は、生年月日や生まれた時間・場所などの、普遍的な事実に基づいて運命や宿命を占っていく統計学的な方法です。
星占いや四柱推命などが代表的で、その人の基本的な性格や性質、相性などを見ることができます。

卜(ぼく)

卜術」は、タロットやルーンなどの偶然の要素を使って占う方法です。
生年月日などの特定の情報ではなく、時間とともに変わっていく気持ちや運勢、物事の吉凶を占うのに適しています。

相術」とは、ものの形や様子などから占う方法を言います。
手相・顔相、姓名判断などは、代表的な相術ですね。
形を元に占っていくことから、家具の配置で開運を導く「風水」などもこれにあたります。
命術・卜術に比べて、普段の生活に取り入れやすいのが特徴です。

霊術」は、読んで字のごとく、占い師の霊力を使って未来や運命を占う方法です。
スピリチュアルや、オーラリーディングなどが霊術です。

命術の代表的な占術

四柱推命

四柱推命は、中国で生まれた運命学の一つで、過去・現在・未来を占う方法です。

陰陽五行説を元にして、その人の性質・能力を知り、その後の未来までも的確に予測することがでます。
東洋占星術では「占いの帝王」と呼ばれるほど、信頼度が高く人気の占術ですよ。

四柱推命では、人生を生年月日(生まれた年・月・日・時間)によって、4つの柱「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」に区分し、それぞれの期間に起こりやすいことなどを占っていきます。
60種類の「干支(えと)」や星が、その人の本来の性格や行動パターンを教えてくれます。
過去・現在・未来を見渡すことができるので、仕事や恋愛で悩んでいるときにピッタリの占術です。

九星気学

九星気学は、古代中国の「九星」に五行・干支を組み合わせた占術です。
九星とは、生まれた古代中国の民間信仰で、「一白」「二黒」「三碧」「四緑」「五黄」「六白」「七赤」「八白」「九紫」という9つ。
それに日本の五行「木」「火」「土」「金」「水」、干支などを組み合わせて、人の運勢や方位の吉凶を占います。
生まれたときの地球上の「気(エネルギー)」の配置は運命を決めると考えられています。

一白水星や八白土星というように、生まれた年によって「本命星」が決まっているので、初心者でもわかりやすい占いです。
自分の本命星はどれか探してみてくださいね。

西洋占星術(星座占い)

星座占いは最も現代の生活の中で目にする機会が多い占いの一つといえますね。
自分の生年月日によって区分けされる全12種類の星座によって占う方法です。
12星座は太陽の通り道にある星座のことで、出生の瞬間に太陽があった位置が、その人の星座という考え方です。

西洋占星術ではホロスコープと呼ばれるものをつかって占います。

生まれた時間・場所でどの方角に惑星があったかをみるために、12星座と10天体が描かれたホロスコープを使って行います。
星座や天体の配置、角度によって、その人の性質・人格、健康、金銭関係、仕事、家庭といった傾向を読み解いていきます。
星は常に動いているため、たとえ同じ誕生日の人であっても、生まれた時間や場所が違えば、ホロスコープは異なるものになります。
自分の性質や深層心理、行動の特徴を知ることで、人生の道標となります。

数秘術

数秘術は「数字に意味がある」という考え方の占術です。
古代ギリシャの哲学者ピタゴラスによって作られたと言われています。
宇宙すべてのものは、数の法則で成り立ち、支配されているのだと考えられており、生年月日や名前の数字によって、人の運命・性質・才能などを知ることができます。

卜術の代表的な占術

タロットカード

タロットカードは、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナを組み合わせて占う方法です。

カードをシャッフルして、その中から無造作に数枚を引いて机の上に並べます。
また、タロットカードには、様々な絵柄が描かれており、一つ一つに意味があります。
そのカードの意味や向き、並べ方(スプレッド)によって占っていきます。

統計学を元にした命学と違って、その時の潜在意識や直感がカードに現れます。
今の自分や相手の気持ちを知りたい人や、迷っていることがある人などに向いている占いですよ。

ルーン

ルーン占いは、北欧の古代文字「ルーン」を使って行う占いです。
24種類のルーンを石や木の枝などに刻んで使用します。
占い方は2つあり、「キャスト」と呼ばれる方法は、ルーンの書いてある石や枝を布の上にばら撒き、そのルーンの位置や表裏で吉凶を占う方法。
もう1つはタロットカードのように無作為に石を選び、スプレッド(並べる)する方法です。
全てのルーンには意味があり、正位置逆位置があります。
出た文字によって、金運や恋愛運などを占う神秘的な占い方法です。

は、最古の占術と呼ばれている占い方法で、宇宙と人間との関わりを追求しています。
「占い師が竹の棒をジャラジャラさせている」イメージといえばわかりやすいでしょう。
筮竹(ぜいちく)と呼ばれる竹や、サイコロ、コインなどを使って、物事の吉凶を占います。
陰陽・五行・八卦と現在の日時に基づき、今後の未来について教えてくれますよ。
どちらを選ぶべきか、自分のすすむ道に悩んでいる、そんな悩みを抱えている人におすすめの占術です。

水晶占い

水晶占いはヨーロッパの伝統的な占いで、水晶の中に映るオーラや色、映るはずのない映像などを見る方法です。
日本でも日本書紀の時代から、天気や作物の出来などを占う方法として親しまれてきました。
水晶占いでは、恋愛や結婚はもちろん、仕事運など様々なことを占うことができますよ。
ただ、水晶に映るものを本当に見ることができるのは、修行を積んだ霊力の強い占い師だけです。
力のある占い師を選ぶことが重要です。

おみくじ

おみくじも実は卜術の代表的な占術の1つです。

現在の日本では、「神社にお参りしたときにする運試し」というイメージのおみくじですが、古代には国の政治に関する重要な事柄や、後継者を選ぶときにくじ引きが行われていました。
自分で選んだくじは、神様からのメッセージであるというのがおみくじの考え方です。
恋愛や健康、転居や商売など、内容は細かく書かれているのが特徴。
引いたくじを木の枝などに結ぶのは、「縁を結ぶ」という意味がありますよ。

相術の代表的な占術

手相

手相は、占いの中でもポピュラーで親しみやすい占術です。
手のひらに刻まれた線の長さや太さ、肉付きを見て、その人の運勢や性質を占う方法です。
過去・現在・未来全てを見ることができるのが特徴。
基本的な性格や、寿命・結婚する年齢などをおおよそ言い当てることができます。
ただ、手相は日々変化していくので、もし手相占いで悪い結果が出たとしても、自分の行動次第で運命を切り開くこともできますよ。

姓名判断

姓名判断は、名字と名前の画数によって、その人の運勢を占う方法です。

先祖や家柄を表す「天格」、性格や仕事運・結婚運を表す「人格」、幼年期の運勢を表す「地格」、外的な運勢を表す「外格」、全体の運勢を表す「総格」の5つに分けて判断していきます。
子供が生まれた時や、芸名を付けたい時などに役立つ占いですよ。
もちろん、名前の画数が良いにこしたことはありませんが、それだけで人の運勢が決まるわけではありません。
他の占いの占術と同様に、1つの道標として心にとどめ、生きていくことが大事です。

風水

風水は、四千年前に中国で発祥した開運のための統計学と環境学の融合です。
「気」の流れを物の位置で制御するという考え方です。
すべてのものには気が宿っており、生命力や運気も気に影響を受けているので、気の流れをコントロールすることで運気を上げることができるとされています。

現在でよく使われる風水は、この「環境が運を決める」という考え方と統計学を使って、良い運気を家に呼び込むためのインテリアやカラーコーディネートのことです。
北は恋愛運、東は仕事運など、方位によって影響を及ぼす運気があり、それぞれラッキーカラーもあります。
その他にも、健康運をアップさせたいならお風呂と寝室の掃除を念入りにするとか、簡単に日常生活に取り入れることのできるのも嬉しいですね。

人相

人相占いとは、顔の作りや骨格によって、性格や運勢をみる方法です。
丸顔や面長などの顔の形や、ほくろの位置など、何気なく見ている顔のパーツに運命を知る手がかりがあるとされています。
風水と同じように運気を上げる「開運メイク」なども人気を集めています。
リップやアイシャドーの色によって、仕事運や恋愛運をあげることができると話題ですよ。
ここぞというときの参考にしてみてくださいね。

《ワコール×資生堂》なりたい自分を叶える!開運メイクのコツ《ワコール×資生堂》なりたい自分を叶える!開運メイクのコツ

霊術の代表的な占術

スピリチュアル占い(霊視・霊感・守護霊対話)

スピリチュアル占いと呼ばれているものは、占い師の霊力によって普段目に見えないものを読み取る方法です。

相談者の守護霊と対話することで、過去・現在・未来などを見通し、相談者にまつわるすべてものを知ることができます。
例えば、相談者の好きな人が自分をどう思っているか、ということも見ることができるのです。

しかし、特にこのスピリチュアル占いには守護霊と対話することができる強い霊力が必要です。
本物の霊能力者を見極める力が大事になります。
科学では説明できない魂や守護霊といった、目に見えないスピリチュアルなものとの交信は、自分の宿命や運命を深く知りたい人におすすめです。

オーラリーディング

オーラリーディングは、身体をまとっているオーラの色を読み解くことで、今抱えている問題や心の状態などを見る方法です。
オーラには、性格や感情・健康状態といった現実的なものや、潜在意識や魂の抱える問題などスピリチュアルな部分などが現れると言われています。
オーラは全部で27色あり、身体に近い部分から7層になっており、それぞれに意味が込められています。
そして、気持ちの移り変わりやバイオリズムの変化によってオーラは変わります。
その時のオーラの色を知ることで、自分の抱えている問題や、魂を見つめ直すことに繋がりますよ。

まとめ

今回は占いの占術について解説しました!

占いと一言で言ってもたくさん種類があって、相談したいことや悩みによって向いているものが違うことがわかりましたよね。
気になった人は是非体験してみてくださいね♪

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ