彼氏とケンカした!男性が思う最適な仲直りの方法とは?

彼氏とケンカしてしまった・・・仲直りがしたい!

今回は彼氏と喧嘩をしてしまった時の対処法について紹介していきます。
ケンカの仲直りがうまくいかないと、同じように喧嘩を繰り返し、いずれは別れがやってくることになります。
後々にモヤモヤが残らないようにきちんと仲直りをするのが大事です。
男性から見て良いと思う仲直りの方法についても解説していきます。

彼氏と円満に仲直りする方法

クールダウンの時間を取ること

彼氏と円満に仲直りをするために必要なのがクールダウンの時間です。
ケンカ中は頭に血が上った状態で冷静な判断はできません。
そんな中仲直りをしようとしても、お互いに対する不満や怒りが先に出てしまってうまくいきません。
まずは、ケンカ後数日間連絡を取らない期間を作りましょう。
特に、男性は一旦冷静になって考えたいと言う人が多いです。逆に女性は早く不安から解消されたいために、すぐに仲直りがしたい人が多いんですね。
男性がケンカ後に少し一人になりたいと思うのは、何も別れたいからではありません。
冷静に客観的にお互いのことを見直したいと思っている証拠なんです。
女性も、一旦彼と離れて冷静になり、その後話し合いをするのが一番良い方法です。

冷静に話し合いをする

お互いにほとぼりが覚めた頃、彼と連絡を取り、話し合いの時間を作りましょう。
できれば対面で会って、相手の表情を見ながら話をするのが良いですね。
仲直りは、お互いの不満や不安を確認しあう良い場です。
今後にしこりが残らないように、どんなところが不満なのか、何に対して不安を感じているのかなど、あなたの思っていることを伝えてあげましょう。

お互いに原因がある場合

先に謝る

すれ違いやちょっとした言い争いなど、どちらが悪いとも言えない場合、あなたから歩み寄るのがポイント。
なぜなら、男性は自分の悪い部分が分かっても、プライドが邪魔をして素直に謝れない人が多いからです。
あなたが大人になって、先に謝ってあげることで、彼も「俺も悪かった」と素直な気持ちを口にすることができるでしょう。

自分に原因がある場合

素直に謝る

自分に原因があって喧嘩になってしまった場合は、素直に「ごめんね」と言いましょう。

「私だけが悪いわけじゃないし」などと意地を張って謝らないでいると、ケンカがこじれてしまいます。
また、仲直りのタイミングを逃してしまうことにもなりかねないので注意!

改善したいことを伝える

また、クールダウンした後であれば、しっかりと自分が悪かったところなどを見つめ直せているはずです。
今後付き合っていく中で、どのように改善していくつもりかを伝えましょう。
例えば、不安を抱えすぎて爆発して相手に暴言を吐いてしまった場合だと、今後は思っていることを少しずつ口にだすようにする、とか、そういったことです。
浮気や裏切り行為などは相手が許してくれるかわかりませんが、「二度としない」と伝える必要がありますよね。
その後どうなるかは、彼氏の気持ち次第です。
あたなの態度が誠実であれば、許してくれる可能性もありますね。

相手への愛情を示す

彼氏の好きな料理を作ったり、甘えてみたり、いつも通りに接することで、「仲直りしたいんだな」と思わせる方法もあります。
しかし、これはケンカの度合いによっては逆効果なので注意。
自分から浮気しておいて普通通りにしてきたら、男性は100%引きます。
ちょっとした言い争いやケンカの時などには有効です。

相手に原因がある場合

一方的に責めない

相手に原因がある場合でも、一方的に責めるのはNGです。

責めたくなる気持ちはわかりますが、まずは冷静に相手の話を聞いてあげてください。
彼も冷却期間の間に自分の悪かったところを見つめ直しているはずです。
相手に謝らせる隙を与えてあげましょう。
先ほども言いましたが、男性はプライドが高く、自分から謝るのが苦手です。
謝ろうと頑張っている時に、あなたが相手を責め始めてしまうと、余計にハードルが高くなってしまいますよ。

許す基準を決めておく

どの程度までなら許せるのかを決めておくことも重要なポイントです。
大袈裟な話をしてしまうと、彼氏が浮気した場合、「絶対に許さない」のか「理由によっては許す」のかと言うことです。
ケンカの原因が許せるものなのか許せないものなのかによって、今後付き合っていくのか別れるのかが決まります。
それが許せないことだったら、別れを決意するべきですし、それ以上話をする必要もありません。
「二度と浮気しないと誓うなら今回は許す」「次に浮気したら別れる」などと、基準を提示してあげると良いでしょう。

賠償を求める

相手に賠償を求めるのも良い手です。
例えば、「じゃあお詫びにディズニーランド連れて行って」とか「今度焼肉奢ってくれたら許す」といったことです。
そうすることによって、女性のモヤモヤが解消されますし、彼氏にとっても気が楽です。
彼を責める気持ちを賠償で終わらせることができるので、今後にしこりが残らず付き合い続けられます。

仲直りしたい時にしては行けないNG行動

彼氏に謝罪を要求する

仲直りしたい時に、彼氏に「謝って!」と謝罪を要求するのはNGです。

もちろん、彼が悪い場合は謝って欲しいと思うのが当然だと思います。
しかし、男性はプライドの高い生き物。
謝ってと言われると余計に謝りたくなくなるのです。
彼が意固地になってしまうと、謝罪はおろか、仲直りもしづらい雰囲気になってしまいますよ。
彼氏から謝罪の言葉をもらいたいのであれば、あなたから先に謝ること。
納得いかない!と思う人もいるでしょうが、男性は基本的に女性よりも子供だと思って接してあげるとうまくいきます。
私は大人だから先に謝ってあげる」くらいの気持ちでいましょう。

「別れる!」という

彼氏とケンカの仲直りをしようとして、話が拗れてしまい、「もう別れる!」と言ってしまう女性も多いです。
しかしこれもやってはいけない行動の一つです。
このような場合の女性は、ケンカのイライラを思い出してしまって、興奮状態に戻ってしまっているのです。
せっかく冷却期間をおいてお互いに冷静になったはずなのに、また頭に血が昇ってしまっては意味がありません。
仲直りをしようと思って来た彼も「やっぱり無理なのかな」と諦めてしまう可能性があります。
男性側が引いてしまうと、仲直りするのはとても難しくなってしまいますよ。
感情的になってヒステリーを起こすのもやめましょう。

意地を張って自分の非を認めない

「私は悪くない!」と意地を張って自分の非を認めないのも良くないですね。
自分が悪かったところは素直に認めるのが仲直りがうまくいくコツです。
あなたが意地になればなるほど、相手も意地になってしまいますよ。
しかも、これは仲直りをしようと頑張っている彼の気持ちや行為を踏みにじる行動になります。
彼が歩み寄ってくれているのであれば、素直に「ごめんなさい」と言うこと。
そこで謝れないと、最悪の場合は別れに発展してしまいます。

過去のことを蒸し返す

今のケンカの内容ではなく、過去のケンカのことを蒸し返すのは絶対にやってはいけません。

「あの時こんなこと言ってた」と言った過去のことを掘り返してくるような言葉は、男性が最も嫌う行為と言えます。
なぜなら、今のケンカとか関係のないことだからです。
また、その時にも同じように話し合って解決したと思っているからです。
それなのにどうしてその話を蒸し返してくるのか、とあなたへの不信感を感じてしまう恐れがありますよ。
女性は割と過去のことを引きずる人が多いので、過去のケンカの内容を蒸し返す人が多いですよね。
それはあなたの中で前のケンカの仲直りがきちんと納得のいくものではなかった証拠です。
つまりしこりが残った状態と言うことです。
そのような中途半端な仲直りにならないように注意しましょう。

ずっと不機嫌

仲直りの話し合いに来たはずなのに、終始不機嫌な態度を取られたら、男性も謝る気持ちが薄れてしまいます。
冷静な態度と冷たい態度は別物です。
不機嫌さが出てしまうのであれば、まだあなたの中で気持ちがまとまっていないと言うこと。
もう少し冷却期間が必要だということです。
仲直りがしたくて話し合うのですから、ずっと不機嫌な態度を取るなどの子供じみた対応はやめましょう。
嫌な気持ちが続いているのであれば、それを言葉で伝えるようにしてください。

仲直り後に注意したいこと

ケンカの原因をお互いに改善すること

仲直りしたあとは、お互いに悪かった点を改善すること。

これができるかできないかで、今後二人の関係がより深まるかどうかが変わってくるでしょう。
ケンカをすることでより仲が良くなる場合も多いです。
お互いに本音を言い合える場面というのは多くはありません。
もちろん、本音を言い合うことでケンカになってしまうのは辛いですし悲しいです。
しかし、その気持ちを受け止めあって、信頼関係を築いていくことが出来れば、より良いカップルになることができるでしょう。
そしてお互いの悪い部分を改善していくことができるカップル長続きするのです。

ケンカの内容を蒸し返さない

一度仲直りした後は、ケンカの内容を蒸し返さないこと。
ちょっとした言い合いになった時や、イライラしている時には、女性は過去のことを蒸し返してしまいがちです。
彼を「またか・・・」とうんざりした気持ちにさせてしまう行為です。
男性は終わったことを何度も言われるのが嫌いですから。

しかも、つい蒸し返してしまうのであれば、あなたが納得が言っていないということなので、それはそれで大問題です。
相手も自分も納得した上で仲直りしなければ意味がありません。
仲直りする時に、少しでも気になる点があるなら、とことん話し合うべきです。
それができないのであれば、いずれ同じようなケンカをして別れてしまう可能性が高いでしょう。
いつも仲良しカップルでいるためには、不満を溜め込まないことです。

しっかり愛情を伝えよう

仲直りの話し合いが終わったら、しっかり愛情を伝えること。
「仲直りできてよかった」とハグをしても良いですし、仲直りのキスでも良いですね。
どんな言葉よりも、スキンシップが一番愛情を感じる行為ですから、仲直りの後は今まで以上にスキンシップをすると良いですよ。
そうすることでお互いが笑顔に戻れるはずです。
不安な気持ちや寂しさを一気に吹き飛ばしてくれるでしょう。

まとめ

上手に仲直りするためには、謝るタイミングが重要です。
お互いに冷静になって話せるときでなければ、話がこじれてしまったり、しこりが残ってしまいかねません。
まずはケンカの原因を解明し、自分の悪かった点などを見つめ直しましょう。
彼氏とケンカしていてな仲直りしたいと思っている女性に参考にしてもらえると嬉しいです!

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ