• HOME
  • BLOG
  • MARAMIKHU 記事
  • 彼氏の愛情表現が少ない!愛情表現をしない男性の心理とうまく付き合うコツを紹介

彼氏の愛情表現が少ない!愛情表現をしない男性の心理とうまく付き合うコツを紹介

彼氏からの愛情表現が少ない・・・」と感じることはありませんか?

愛情表現が少ない男性と付き合っていると「愛されてないのかな」「私だけ好きなのかな」と不安になってしまいますよね。
しかし、実は彼は愛情表現をしていないわけではありません!
今回はそんな愛情表現が少ない男性の心理と、彼らなりの愛情表現の特徴について紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

彼氏の愛情表現が少ない理由

男性は言葉での愛情表現が下手

女性は感情的・男性は物理的な愛情表現を好むと言われています。

女性は「好き」「愛してる」などの言葉での愛情表現が欲しいもの。
しかし、そんな感情的な女性に対して、男性は物理的な愛情表現をするのです。
「物理的」とは形に表すこと。
例えば、忙しくても会う時間を作るとか、プレゼントを渡す、行きたいところに連れて行ってあげることなど、物や事柄で表現しようとするのです。
だから女性からすると男性は愛情表現が少ないと感じてしまうのですね。

恥ずかしい

好きという気持ちを言葉や態度に出すのを恥ずかしいと感じる男性は多いようです。
特に日本では、キスやハグなど、海外のように愛情をストレートに表現する文化がありません。
そのため、愛情表現をすることに恥ずかしさを感じ、躊躇ってしまうのでしょう。
むしろ、言葉に出すときは、「ここぞ!」というタイミングだけだという感覚すらあります。
例えば、愛の告白をする時や、プロポーズする時など。
しかも、その時に勇気を出して言葉にしたので、あとは言わなくても伝わっているだろうと考えてしまういがち。
実際には、女性は言葉にしてもらえないと不安になるのに、男性にはその気持ちがわからないんですね。

言葉にする必要性を感じないから

愛情表現が少ない男性の中には、態度で示しているから言葉にする必要がないという人もいます。

いわゆる、「言葉にしなくてもわかるでしょ?」という男性特有の考え方です。
言葉で「好きだよ」という方が薄っぺらく、表面上だけのように感じてしまうから、という意見も多いです。
男は黙って態度で示すのがかっこいいという、日本の古来よりの文化とも言えますね。
また、彼氏彼女なんだから、いちいち口に出さなくてもわかるだろうとも思っています。
恋人になるということ自体、「好き」という最大の表現なのですから。
しかし、付き合ってから愛情表現が少ないと、「釣った魚に餌を与えない」男性とみなされてしまいます。

元々の自分に戻った

元々、あまり愛情表現を口に出すタイプでない場合、付き合う前は彼女の気を引きたくて頑張っていたというパターンもあります。
このようなタイプの場合は、慣れてくると愛情表現が少なくなります。
付き合う前に無理をしていたので、付き合って自然な形になったと考えるべきでしょう。
しかし、女性にしたら、「最初の頃は愛情表現が多かったのに、最近全然言ってくれない!」と不満が大爆発してしまいます。
中には不安で相手の浮気や、心変わりを疑ってしまうことも。
しかし、彼には全く悪意はなく、むしろ彼女に心を許している証拠なのです。
最もすれ違いが生じやすいタイプです。

愛情表現が少ない人なりの愛情表現とは


愛情表現が少ない彼氏でも、本人的には愛情表現をしていない意識はありません。
伝わりにくいかもしれませんが、彼は彼なりに愛情表現をしているつもりなのです。
それでは、「愛情表現の少ない人の愛情表現」について解説していきます。

忙しくてもデートしてくれる

あなたの彼氏は、仕事が忙しくても、時間を作ってデートしてくれますか?

もしも、時間を作って会いにきてくれているのであれば、愛情表現が少ないと不安になることはありません。
それ自体が彼の最大の愛情表現なのです。
彼は自分の趣味の時間や休む時間をデートに充ててくれているかもしれませんし、デートのために他の日に残業しているかもしれません。
忙しくてもあなたに会いたいからやっていることです。
それでも言葉が足りないと不満を口にされたら彼氏も悲しい気持ちになりますよね。
彼はきちんと行動で愛情を表現しているのです。
言葉ではなく彼の行動を見てあげてくださいね。

たまにする「好き」は本音

愛情表現が少ない彼氏がたまに口にした「好き」は心の底から思っていることです。
そして、彼にとっては恥ずかしい気持ちに耐えて言った言葉なのです。
あんまり「好き」って言ってくれないから寂しい・心配という気持ちもわかりますが、たまに言ってくれた愛情表現は絶対に信じてあげてください。
そしてさらに欲しがるようなことはしないように。
愛情表現が苦手な人の「好き」は、普通に言葉にできる人の何十倍も重いと思ってくださいね。
そう考えたら一言でも、とても嬉しいですよね。

たまに甘えてくる

甘えるという行為は、恋人どうしだからこそできることです。

普段はそっけなく感じる彼氏でも、甘えてくることがあれば、それは立派な愛情表現です。
あなたに心を許している証拠です。
彼が甘えてきたら、優しく受け入れてあげましょう。

プレゼントをくれる

誕生日や記念日ではなく、プレゼントをくれるのも、愛情表現の一つです。
これは、彼女が好きなもの・嫌いなもの、興味のあるものを普段から覚えているということです。
そして彼女の喜ぶ顔が見たいと思ってプレゼントするのです。
これを愛情表現と言わずになんというでしょうか?
普段は愛情表現が少なくてそっけなく見えても、実際は心の中で彼女を大事に思っているのです。
自分が食べたがっていたお菓子とか、好きなキャラクターのおまけなど、どんな小さなものでも愛情を感じられるはずです。
それを見た時に、彼はあなたのことを自然と思い浮かべているのですから。

愛情表現が少ない彼氏にやってはいけないこと

愛情表現を無理強いする

愛情表現が少ない男性に対して、愛情表現することを強制するのはNGです。

ストレスを感じてしまい、恋人関係がうまくいかなくなる可能性がありますよ。
彼は言葉での表現が苦手で、行動で示しているつもりかもしれないのに、「私のこと好きじゃないの?」と責められたら辛い気持ちになりますよね。
彼が言葉にしてくれないからと言ってしつこく求めないことです。
言葉が足りないと感じるのであれば、彼の行動に注目して見てください。
きっと彼なりの愛情表現が隠れているはずですよ。

彼がしないから自分もしないはNG

彼が愛情表現をしないから、自分もしないというのもNG行動です。
彼に自分と同じ気持ちを味合わせれば、愛情を言葉にしてくれるかもしれないと言った思考でやってしまいがちですが、逆効果です。
今まで愛情表現が豊かだった彼女が一切愛情表現をしなくなったら、彼も不安になりますよね。
だからといって、彼が愛情表現をするかというと、そこはまた違う問題です。
ただ不安になって、ますます愛情を表現しにくくなってしまう可能性がありますよ。

愛情を伝えられて嫌な男性はいません。
あなたが愛情表現をしたいのであれば、した方が絶対に良いです。

ただ、その時に、「私がしたから彼もしてくれる」という見返りを求めてはいけません。

マイナス思考になって疑う

「私は愛されてないんだ」とマイナス思考になって彼の愛情を疑うことはしてはいけません。
彼は彼なりにあなたへの愛情を表現しているはずです。
彼の気持ちを疑う前に、彼の行動をしっかりと見てあげましょう。
男性は言葉よりも行動で愛情を示す人が多いです。
言葉だけに囚われて、不安や猜疑心を抱えてしまうのは無意味ですよ。
一番やってはいけないのは、相手を責めること。
マイナス思考に陥ると、良くない思考がどんどん溢れてきて、ひどい時にはありもしない被害妄想にとりつかれることもあります。
それを彼氏にぶつけてしまうと、身に覚えのない彼氏は困惑してしまいます。
「メンヘラ」「重い・・・」と関係が悪くなってしまう可能性があります。

愛情表現が少ない彼氏とうまく付き合っていく方法

過度に期待しない

まず、愛情表現が少ない人に対して、過度な期待をしないようにしましょう。

いくらこちらが「もっと好きって言って!」と言ったところで、元々の性格や習慣から、変えさせるのは難しいです。
むしろ、「こういう人なんだな」と受け入れてあげることが大事です。
人を変えることはできませんが、自分自身を変えることはできるはずです。
あなたが、彼の愛情表現に気づき、それを喜びと感じることができるようになれば、お互いに不安にならずにすみますよ。
期待しすぎると、うまくいかなかった時にあなたも嫌な思いをしてしまいます。
なにごとも、過度な期待は禁物です。

自分からの愛情表現はしっかり

自分からの愛情表現はしっかり行うこと!
相手からされないと「自分だけ好きみたい」と思う人もいるかもしれませんが、本来愛情に見返りを求めるものではありません。
愛情を注げば注ぐほど、彼も幸せな気持ちになりますし、あなたの笑顔がみたい・何かしてあげたいと感じるでしょう。
それが言葉での愛情表現ではないかもしれませんが。
また、相手が元々愛情表現が得意でない人の場合は、あなたからの愛情表現をみて、「自分もこうすれば良いのか」と気づくきっかけにもなります。
シャイな彼氏には「好きだよ!〇〇くんはどう?」と聞き返してあげたりすれば、言いやすい雰囲気になりますよ。

不安な気持ちを素直に話してみる

素直に「愛情が感じられなくて不安」と言ってみるのも一つの手です。
普段からあまり愛情を口にしないタイプの男性は、自分が愛情を表現しているつもりのことが多いです。
そのため、彼女の不満が溜まっていき、それが爆発した時、一方的に怒られるといったことも。
しかし、彼としては「どうしてそんなに怒ってるの?」とすれ違いが生じてしまうのです。
そうなってしまう前に、お互いに思っていることを話し合うのは有効な手段です。
そうすることで、彼女が何を求めていて、何に寂しさを感じていたのかを知ることができます。
彼女も、彼のわかりにくい愛情表現を知り、愛されていることを確かめることができます。
しかし、話し合う時には、けして相手を責めないこと・ケンカ越しにならないことが大事ですよ。

相手の立場にたって考える

愛情表現が少ない・・・と自分側からの見方だけではなく、相手の立場にたって物事を考えてみてください。

仕事で忙しい中、時間を作ってくれていることや、自分の好みを覚えてくれていたりと、彼なりに愛情を表現してくれていたかもしれませんよ。
相手の気持ちになって考えることができれば、カップルは長続きします。
また、自然と相手への感謝の気持ちも生まれるでしょう。
不安や不満がある時は、どうしても自分の気持ちを押し付けてしまいがちですが、相手の気持ちを推し量ることができればもっともっと良好な関係を築けるはずですよ。

精神的に自立する

彼からの愛情表現が少ないと悩んでいる人は、生活の中心が彼氏になってしまいがちです。
恋愛や彼氏に依存すると、彼のちょっとした言動や行動に振り回されてしまいます。
そのため、愛情表現が少ないとすぐに不安になってしまうのです。
彼氏に依存せず、自分も自分の時間を充実されることができれば、もう少し広い視野で物事を見ることができるようになりますよ。
まずは、精神的に自立することです。

まとめ

彼氏からの愛情表現が少なくて不安に思っている女性は多いです。
しかし、彼は彼なりにあなたへの愛情を表現しているかもしれません。
彼の言動だけではなく、行動にも目を向けて、わかりにくい彼の愛情表現に気づいてあげてくださいね。
お互いに自然な形で愛情を表現して、それを受け入れられるとカップルは長続きしますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ