付き合っていないのに嫉妬する男性の心理とは?行動や言動の特徴を解説

付き合っていないのに嫉妬や束縛をしてくる男性っていますよね。

嫉妬してくるんだから自分に気があるのかな?と思ったら告白をしてくるわけでもないし・・・
女性からすると謎の存在です。
今回は、そんな付き合っていないのに嫉妬する男性の心理について徹底解剖していきます。

付き合っていないのに嫉妬する男性の心理

自分の好意に気付いて欲しい

付き合っていないのに嫉妬することで、自分の好意に気づいて欲しいという心理があります。

彼なりの愛情表現ということです。
だったら告白すればいいのにと思いますが、告白する勇気がないので、彼女に気づいて振り向いて欲しいと思っている場合が多いです。
女性がその男性のことを好きなら、好意に気づいて嬉しい気持ちになりますが、そうでない場合はただの迷惑になってしまいます。
こういうタイプは相手の気持ちを考えずに独占欲を剥き出しにしてしまうので、もし付き合ったとしても束縛してくる可能性が高いです。

自分のことが好きだと思っている

相手が自分のことを好きだと思い込んでいる場合もあります。
自分に気があるのだから、嫉妬されたら相手も嬉しいだろうと思っています。
また、自分のことを好きな女性に対して独占欲が生まれるので、他の男性に手を出されるのを嫌がります。
ただ、このタイプの場合は、彼女と付き合いたいかと聞かれるとそういうわけでもないことが多いです。
いつでも手に入る女くらいに思っています。
そんな気持ちで嫉妬心を出されるのは、女性にとっては迷惑でしかないですよね・・・

支配欲が強い

支配欲や独占欲が強い男性は、付き合う前から嫉妬や束縛をする傾向にあります。

恋愛に関してだけではなく、何事に対しても自分の思い通りにならないと嫌なタイプです。
そのため、周りの空気や相手の気持ちを考えずに行動してしまいます。
もしもそれでその場の空気が凍り付いてしまっても、相手が嫌そうな態度をとったとしても、特段気にしない傾向にあります。
いわゆる「俺様タイプ」です。

あなたを下に見ている

あなたのことを見下している相手も、嫉妬心を剥き出しにします。
格下だと思っていた相手が、自分よりも幸せそうにしていることが許せないのです。
この手のタイプは普段から相手に対してマウントを取りたがり、なにかにつけて馬鹿にするような発言をするでしょう。
しかし、本当は自分に自信がなく、相手を下にみることでしか自分の心の平穏を保つことができない人なのです。
だからといって、嫌な気持ちになりながら無理に関係を続ける必要はありません。
できれば関わらない方が良い相手です。

他の男と付き合ってほしくない

仲が良い男友達の場合に多いのが、他の男性と付き合ってほしくないパターン。
しかし付き合いたいわけではないので、完全に男性のわがままです。
ただ、今まで女友達として仲良くしていて、二人で出かけたりしていたのができなくなってしまうことに嫉妬しているのです。
彼女ではないけれど、独占欲が湧いてしまっている状態です。
この場合、新しい彼氏ができたりすると、友人関係が壊れてしまう場合もあるので、対応には注意が必要です。
彼氏ができても友情は変わらないということを伝えてあげましょう。

付き合っていないのに嫉妬する男の行動・言動

口数が減る

何かの拍子に、明らかに不機嫌な態度を取ったり、口数が減ることがあります。

他の男性と話しているのを見たとか、最近素敵な人と出会ったという話を聞いたから、と嫉妬が生まれるタイミングはさまざまです。
いきなり黙り込んだり、そっけない態度を取られた時には、男性が嫉妬しているということです。
友達でもいきなりそんな態度を取られると嫌な気持ちになりますが、職場などでやられると厄介ですよね。
付き合う前から嫉妬してくる男性は、嫉妬心や独占欲にかられて、大人な対応ができないことが多いです。

揚げ足を取る

なにかにつけて揚げ足を取ったり、文句を言ってくることもあります。
これは、女性の気を引きたいというただそれだけです。
いくら大人になっても、男性というものは「好きな子をいじめる」生き物なのです。
だから、このように悪態をついてしまうのは、一種の愛情表現なんですね。
それに対して嫌な顔をしてしまったりすると、さらに行動がエスカレートする可能性があります。
こういう場合は、嫌味や揚げ足を間に受けず、笑顔で受け流すのが一番です。

プライベートの予定を把握しようとする

付き合っていないのに、すでに彼氏のようにプライベートを把握しようとする人もいます。

彼の中ではすでに付き合っているつもりなのでしょう。
電話やLINEで「今どこ?」「この前誰とご飯食べたの?」などと聞いてくることもあります。
相手にどう思われるかよりも、自分の嫉妬心や独占欲を満たしたいために執着してくる傾向にあります。
相手の行動を把握することでスッキリするようです。
彼氏でもない人に束縛された方は、相手に良い印象は受けませんし、一種の恐怖を覚えるはずです。
しかし、当人はそんなこと一切気にしないという特徴があります。

自慢話が多くなる

他の男性に彼女を取られないために、自慢話やいい男アピールが増えることも。
自分の方が優れているということを主張して、彼女にこっちを向いてもらいたいからです。
あなたに気に入られようと必死なのです。
もしもあなたが彼を気に入っているなら、自慢話もニコニコ聞いてあげましょうね。
そうでない場合は、軽くスルーしてしまってOKです。

突き放す

わざと突き放すようなことを言ったりする男性もいます。
自分が嫉妬していることを悟られないためにわざと冷たい態度を取るのです。
例えば、「よかったじゃん、いい人と出会えて」や、「お似合いだと思うよ」といったことを、皮肉たっぷりに言います。
嫉妬心から本当は心にも思っていないことを言ってしまうのでしょう。
素直になれない男性の特徴です。
しかし、言われた方が突き放されたと思うし、嫌味だなとマイナスの印象を受けてしまいます。
彼女の気を引きたいのであれば、完全に逆効果ということです。

付き合っていないのに嫉妬してくるのは脈アリ?

嫉妬するけど付き合いたいわけではない場合も

付き合っていないのに嫉妬してくる男性の中には、嫉妬するけど付き合いたいわけではないという人もいます。

なんて自分勝手な・・・と思いますが、これが結構多いので困ったものです。
ただの女友達にも独占欲を出す男性もいますし、自分より下だと思っている相手が幸せになるのが嫌だという気持ちで嫉妬する人もいます。
だから、嫉妬されたからと言って必ずしも脈アリとは言えません。
もちろん、嫉妬が愛情表現の裏返しの場合も多いので、相手の行動や言動をよく観察してみてください。

付き合いたいけど自信がない

完全に脈アリだけど、自分から告白する勇気のない人もいます。
自分に自信がないのが、嫉妬という形となって表に現れているのです。
もしも、あなたも相手のことが好きなら、自分から攻めてみるとすんなり上手くいくかもしれませんよ。

両思いだとわからせる

彼女を他の男性に取られるのではないかという不安を抱えて嫉妬する男性には、嫉妬されて嬉しいと伝えてみて。

そうすれば両思いであることがわかるので、心配性な男性を安心させることができます。
ただ、このタイプの男性は、付き合ってからも不安から嫉妬や束縛をしてしまいがちなので、きちんと愛情表現をして安心させる必要があります。
連絡をまめにするとか、スキンシップを取るとか、それだけでも彼を安心させることにつながりますよ。

あえて嫉妬させて様子を見るのもアリ

嫉妬が愛情表現なのか、ただの独占欲なのかわからない場合は、あえてもっと嫉妬させるのもアリです。
しかしこれは自信のない男性や心配性の男性にしてしまうと、逆効果になるので注意。
自分に自信があり、モテるタイプの男性には有効でしょう。
モテる男性は追われることには慣れていますが、追うことには慣れていません。
すると「絶対に自分のものにしてやる!」と本気にさせることができるかも。
ただし、やりすぎは面倒くさく思われてしまうのでNGです。

付き合っていないのに嫉妬する男性への対処法

承認欲求を満たしてあげる

付き合っていないのに嫉妬したり束縛する相手は、自分を認めて欲しい気持ちが強いです。

あえて褒めてあげたり、承認欲求を満たしてあげることで嫉妬が収まる場合もあります。
褒められることで、自尊心を保つことができるのです。
ちょっとしたことでも「すごい」と褒めてあげるだけで、彼らは満足するかもしれません。
それが本心からの言葉でなくとも良いのです。

相手にしない

単純に距離を取るという方法もあります。
付き合ってもいない人からの嫉妬に心を疲れさせて、労力を使うことほど無駄なことはありません。
また、真正面から受け止めて相手をすると、逆に嫉妬がエスカレートする場合もあります。
それでもしつこい場合は、無視するしかありません。
無視されているうちに、相手への執着が薄くなり、冷静な判断ができるようになるかもしれません。

他の男性と付き合う

相手をしないようにしても嫉妬や束縛がなくならない場合に一番有効なのは、他の男性と付き合ってしまうことです。

新しい恋人ができて幸せだとアピールしましょう。
そうすれば、自分が勘違いしていたということが嫌でもわかりますよね。
付き合ってもいないのに独占欲を出して、相手を束縛していたことを恥ずかしいと感じるでしょう。

迷惑だと言う

はっきりと「迷惑だ」と伝えるのも一つの方法です。
付き合ってもいないのに嫉妬するような男性には、回りくどいことをしても伝わらない場合が多いです。
であれば、はっきりと本人に伝えるのが一番手っ取り早いです。
もちろん、それで相手のプライドは傷つきますし、今までの関係が壊れてしまうことも考えられます。
しかし、それ以上に自分の精神がすり減ってしまうのであれば、無理に付き合っていく必要はないでしょう。
自分の幸せを一番に考えてくださいね。

まとめ

あなたの周りにもいるかもしれない「付き合っていないのに嫉妬してくる男性」。
付き合う前の嫉妬は脈アリの場合も多いので、あなたも相手を気に入っているのであれば、付き合えるチャンスがあるということです!
自分から積極的に攻めてみるのも良いですね。
ただ、もしもあなたが迷惑しているのであれば、相手を刺激せずに上手くスルーするのが大事です。
参考にしてみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ