もう潮時?恋人と別れるべきタイミング!別れる前に確認する5つのこと

彼氏と別れた方がいいのかもしれない・・・と思うことってありますよね。

大好きだったはずなのに、いつの間にか気持ちが離れてしまっていたり、相手の嫌なところばかりが気になってきたり・・・
でもズルズル付き合っていてもしかたない、と別れを決意することもあるでしょう。
今回は、そんな人のために、恋人と別れるべきタイミングについて紹介していきます!
当てはまるポイントが多ければ、そろそろ潮時かもしれませんよ。
参考にしてみてくださいね。

恋人と別れるべきタイミング


恋人との別れに悩んでいる人の多くは、「別れて一人になるのが怖い」「情があるので別れられない」そんな状況に陥っているはずです!
そんな時は、一度彼との関係を見直す必要があります!
別れるべきタイミングについて解説していきます。

会うのが面倒くさくなった時

付き合った当初は毎日でも会いたいと思っていたのに、いつのまにか会うのを面倒臭いと感じてしまっていませんか?

「デートがめんどう」「どうせなら家でゆっくりしたい」「彼に会いたくない」など、頻繁に思うようになっていたら、それは愛情が冷めてきている証拠です。
自分でも冷めてきていることに気づいているはずです。
でも別れるほどでもない、とも思っているので別れていないのでしょう。

しかし、好きな気持ちがなくなってしまうと一緒にいる意味はなくなってしまいます。
今一度、相手のどんなところが好きで、一緒にいたいのかそうでないのかを考えてみてください。

相手の嫌なところが許せなくなった時

付き合う前は、「彼の全部が好き!」と思っている人も多いでしょうが、付き合っていくと徐々に相手の嫌な部分が見えてくるもの
その嫌な部分がどうしても許せなくなったり、生理的に受け入れられなくなったりしたら、それは別れのタイミングです。
人間誰しも完璧ではありません。
お互いに感情があって、価値観も違います。
その上で一緒にいるのですから、お互いにギャップを感じることもあるでしょう。
うまくいっているカップルや夫婦は、そういった嫌だと感じる部分も受け入れて、相手と過ごすことができているのです。

相手の嫌な部分が受け入れられない場合は、関係を続けていくのは難しいです。
一緒にいるだけでそう言った部分が見えてしまい、イライラしたりストレスを感じてしまうからです。
それでも好きと思える部分が強ければ、今後一緒にいることもできますが、どうしても受け入れられない場合は別れた方が良いでしょう。

スキンシップや愛情表現が嫌になった時

スキンシップや愛情表現が嫌になる場合もありますね。

「手を繋ぐのが嫌になった」「エッチが苦痛」「好きと言われると気持ち悪い」・・・ひどい言い分ですが、このような状態になる女性は少なくないです。
これも好きな気持ちが薄れてしまった証拠です。
誰でも好意のある人以外とのスキンシップは不快でしかないですよね。
一度でも不快・気持ち悪いとまで思ってしまった相手と、また元通りに戻れるかと言うと、それは難しいです。
自分の気持ちを我慢してスキンシップを受け入れるのではなく、きっぱり別れてしまった方が良いでしょう。

一緒にいても楽しくない時

一緒にいて楽しくない・デート中もつまらない、そんな状態が長く続くようであれば、別れのタイミングかもしれません。
これは倦怠期によくある症状ですが、いろいろと試してみても、時間が経っても解消できない場合は、倦怠期以上の問題だと考えられます。
それ以上に一緒にいたい理由があるのであれば、我慢して付き合い続けることもできるでしょうが、一緒にいて楽しくない人と時間を過ごさなければならないのは苦痛ですよね。

・話していても相手の言葉が耳に入ってこない
・相手の行動にいちいちイライラする
・早く帰りたいと思う
・ずっとスマホを見てしまう

こんな状態になっていたら末期症状と言えます。
だらだら付き合い続けるのではなく、さっさと別れて次の恋愛に進んだ方が良いですよ!

成長できないと感じた時

一緒にいて成長できない相手だと思った時も、別れるタイミングです。
例えば、相手が自分の仕事や夢を応援してくれない・足をひっぱろうとするなど、彼が自分の成長を妨げてくる場合です。
他にも、愚痴ばかり言っていて、先に進もうとしない彼を見ていると、自分も成長できないと感じる、など。
良い恋人関係はお互い支え合って、成長していくもの。
足を引っ張り合うような関係や、お互いの良いところを発揮できなければ意味がありません。
お互いにとってマイナスになるのであれば、すぐに別れた方が良いでしょう。

将来が見えないとき

付き合うと言うことは、その先の結婚を見据えている女性も多いでしょう。
その場合、彼に結婚願望がない、もしくはすぐには結婚したくないという考えだとしたら、どんなに好きでもズルズル付き合ってはいけません。
女性の場合は妊娠・出産も考えなければならないので、何歳までに結婚する気がないのなら別れる!ときっぱり決めた方が良いですよ。
また、付き合ってみて、相手の性格や価値観を見て「この人との将来はないな」と思った場合も、早めに別れる決断をしましょう。
好きだからと言ってだらだら付き合うのは、大事な時間を無駄にするようなものです。

別れを切り出すベストタイミングは?

記念日やイベントの後

付き合っていると避けては通れないイベントごと
お互いの誕生日や、付き合った記念日、クリスマスにバレンタイン・・・仲良しカップルであれば楽しみなものばかりです。
が、気持ちが冷めてしまっていると、憂鬱な気持ちでイベントを迎えることになります。

しかし!これらのイベントの後は別れ話をする最適なタイミングなのです!

なぜかと言うと、イベントに対する態度やテンションで、相手に別れを予感させることができるから。
別れの伏線を張り巡らせておくことができます。
普段の生活では、彼女のテンションが低いことに気づかない男性も多いですが、イベントなのにテンションが低いとなるとさすがに気づきます。
あれ?おかしいなと思わせておけば、スムーズに別れ話をすることができます。

意外と多い記念日やイベント当日

実は、記念日や誕生日などのイベント当日に別れるカップルは多いです。
女性はイベントごとを大事にしているので、当日に別れを告げる人は多くありませんが、男性には多い傾向があります。
では、なぜわざわざ記念日や誕生日に言うのかと言うと、一種の「締めくくり」的な感覚があるからのようです。
お正月やクリスマスなどのイベントが終わった時に、一区切りして、新しい一歩を歩もうという気持ちです。
だから、逆にいうと、彼氏に別れを告げるのに、イベント当日を選ぶのは悪くはありません。
しかし、「ずっと楽しそうにしていたのにどうして?」と思われないように、それまでに別れを匂わせることは大事です。
高い記念日ディナーやプレゼントはいらないと先に伝えておくように。
でないと、プレゼントあげたのに振られたと悪い印象を持たれてしまいます。

連絡や会う期間が空いたタイミング

彼氏と会う期間が長く空いた時や、連絡をあまりとっていないタイミングでLINEや電話で別れを切り出すのもおすすめ。

また、会って話すと思うように話が切り出せない人や、相手が押しの強い人の場合にも良いですね。
LINEや電話で別れ話をする場合も、それまでに連絡をあまり返さないようにしたり、デートを避けたりして、相手にそれとなく別れたがっていることを伝えておくようにしましょう。
突然の別れ話はこじれがちなので注意です。

相手が忙しい時は避けて

相手が仕事で忙しい時や、精神的にまいっている時には別れ話をしないであげましょう。
例えば、身内の不幸があった時や、体調を崩している時なんかも避けて。
相手をさらに傷つけることになるので、恨まれてしまったり、執着される可能性もあります。
でも、弱っている彼を見ていると、別れるとは言いづらいですよね。
そう言う時には、少しずつ距離をおいて、相手の気持ちや状況が落ち着くのを待ちましょう。
けして情だけで付き合い続けてはいけません。

別れる前に確認する5つのこと


勢いで別れたものの、後から「やっぱり別れなければよかった」ということにならないように、別れる前に確認しておくべきことを紹介します。
まずは一度、自分と向き合って、彼と別れるべきか考えてみてください。

①彼の好きなところを考える

まず、彼のどんなところが好きかを考えてください。

相手の好きなところがたくさんあるのであれば、まだやり直すことはできるでしょう。
ただの倦怠期という可能性が高いです。
好きなところをひとつひとつ挙げていくことで、自分の中で気持ちが整理され、本当はどうしたいのかを知ることができますよ。
しかし、ぱっと好きなところが即答できない場合は別れて正解と言えるでしょう。

②相手がいない未来を考えてみる

彼氏と別れた後の具体的な未来を想像してみましょう。
付き合った相手なので、別れたとしても寂しい気持ちや悲しい気持ちは残るでしょう。
しかし、彼氏と別れたらこんなことができる、とか、自由で嬉しいといった気持ちが湧き上がってくるのであれば、彼に対する未練は全くないといって良いですね。
逆に、想像しただけで辛い気持ちになったり、泣いてしまうような人は、別れない方がいいです。
まだ彼に未練がある状態です。
もしかしたら、彼に不満があるだけで、心の奥底では別れたいとまでは思っていないのかもしれませんよ。

③一度距離を置いてみる

別れを考える時に有効なのが、一度距離をおくこと。

その間相手と一切会わず連絡も取らず過ごすことで、自分の本当の気持ちと向き合うことができますよ。
離れてみて彼氏の大事さに気づいた、と言う人も少なくはありません。
しかし、逆に一人の時間が心地よく、解放されたような気分になるのであれば、別れてもスッキリした気持ちでいられます。
一度一人になって、自分の生活にとって彼が必要か必要でないかを考えてみましょう。

④別れを匂わせてみる

LINEをそっけなく返信したり、デートを断ったりして、さりげなく別れを匂わせてみて、彼がどういう態度にでるかをみるのもアリです。
彼も人間なので、あなたに対して甘えのようなものがあったかもしれませんし、別れたくないと思えば必死になって行動するはずです。
その彼の態度を見て、あなたがどのように感じるかがポイント。
それでも無理だと思ったら別れればいいし、彼の行動に心動かされたらもう少し様子を見ても良いかもしれません。
彼を試すようなやり方ですが、あなたの気持ちを確認するのに最適な方法です。

⑤正直に話し合ってみる

正直な気持ちを直接彼に話してみましょう。
「別れた方がいいかなと思ってるんだけど、あなたはどう思う?」と聞いてみて。
お互いに話し合い、価値観や感情のすれ違いを解消することで、別れずにより良い関係になることができるかもしれません。
自分が納得できる答えがもらえるとは限りませんが、お互いに折り合いをつけることは可能。
喧嘩腰ではなく、冷静に話し合うことが大事ですよ。

円満に別れる方法


別れることを決めたのであれば、喧嘩別れや泥沼な別れ話ではなく、円満な別れを目指しましょう。
円満に別れる方法を解説していきます。

人目のある場所で別れ話をする

二人きりになれる場所で別れ話をするのは必須ですが、カフェやレストランなどの人目のある場所で話し合いをするのが最もおすすめです。
人目のある場所を選ぶのは、お互いに冷静になれるから。
ある程度先に、別れを匂わせておけば、彼も別れ話を冷静に聞くことができます。
突然の別れ話は、相手を怒らせる可能性もあり、変にこじれてしまうのでやめましょう。

相手への感謝を伝えること

付き合ってくれた相手への感謝を伝えるようにしましょう。

きっぱり別れると決めたのであれば、相手への不満や愚痴は置いておいて、まずは「ありがとう」ということ。
この言葉があるかどうかで、別れた後の二人の関係性が変わるとも言えます。
ただ、一方的に文句をいって別れたのでは、今後友達にも戻ることはできませんし、別れ話の後味も最悪です。
しかし、「ありがとう」の一言があるだけで、綺麗に円満に別れることができるんですよ。

決めたことを貫く

別れたいと言ったら、十中八九相手は別れたくないと言うでしょう。
しかし、一時的な感情で言っているわけではないので、別れると決めた気持ちを貫くことが大事です。
何が食い下がってきても「もう決めたことだから」ときっぱり言うこと。
情にほだされてズルズル付き合い続けるのは、よく考えて別れを決意したあなたにとって時間の無駄以外のなにものでもありません。
しっかり相手を納得させて別れましょう。

まとめ

別れるべきタイミングについて解説しました!
別れを決意する時には、一時的な感情ではなく、「今後どうしていきたいか」「人生に彼は必要か」しっかり考えて結論を出してくださいね。
ぜひ参考にしてみてください!

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ