友達がいない人の特徴!友達がいない人生は孤独で寂しい?

友達がいなくて寂しいと感じている人へ。

友達がいない人の2パターンの特徴と、友達がいないことのメリット・デメリットについて紹介していきます!
また、寂しいと感じた時の対処法についても解説しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

友達がいない人には2パターンある

「友達がいない人」と一言で言っても、「友達ができないタイプ」と「友達がいらないタイプ」の2パターンがあります。

正反対にも見えるこの2つのタイプの特徴について詳しくみていきましょう。

①友達ができないタイプ

ひとつめは、友達が欲しいけどできないタイプ
今まで何度も友達を作ろうと努力してきたものの、友達になることができずにきた人。
友達自体に憧れを抱いている反面、友達がいない期間が長すぎて人間不信で怖いと感じている場合も。

もしくは、友達ができてもすぐに仲違いをしてしまうので、結果友達がいない状態になっている人もいますよ。
どちらにしても、友達がいないことにコンプレックスを感じています。

②友達が必要ないタイプ

逆に、最初から友達はいらないというタイプもいます。
自分の人生を突き進むタイプの人に多く、友達によって行動を制限されるのを嫌う傾向にあります。
また、幼い頃から一人でいることに抵抗がなく、友達がいなくても気にならないタイプです。

もしくは、若い頃には友達がいたけど、大人になるにつれ、必要ないと感じるようになったと言う人も。
友達がいなくても毎日有意義に過ごしている人が多いですね。

友達がいない人の特徴

友達ができないタイプの特徴

人に合わせられない

友達ができない人は、人に合わせることができない場合が多いです。

人と同じことをするのに抵抗がある人や、プライドが高く相手に合わせるのを嫌う人、空気が読めない人などです。
そのタイプは、周りの空気を読まずに発言したり行動したりしてしまうので、自然と人が離れていきます。
友人関係を円滑に進めるためには、ある程度人に合わせるという「我慢」が必要ですよ。
しかし、人に合わせられない人は、自分が合わせられていないことにも気づいていない場合が多いです。
特に、空気が読めない人は自覚症状ゼロですね。

彼氏がいればそれで良い

友達よりも彼氏を優先する女性も友達ができにくいです。
彼氏がいればそれでいいという「恋愛至上主義」の女性は、他にどんな約束や用事があっても彼氏を優先してしまうので、ドタキャンなんて日常茶飯事
友達と話している時でも、彼氏の話ばかりで、いつもスマホを気にしていたりと、友達をないがしろにします。
しかし、彼氏のことで悩んでいる時や、彼氏と別れた時などは、寂しくなって都合よく友達にすり寄っていきますが、新しい彼氏ができたらすぐにどうでも良くなってしまうのです。
そんなことを続けていると、周りに友達と呼べる人がいなくなってしまうのも当然ですね。

人間不信

幼い頃の経験や、つらい人間関係のトラブルなどで、人間不信に陥ってしまっている人もいます。
そのような人は、相手を信用することができないので、当然友達ができません。
人を信用することができないというのは、自分の思っていることを口に出すことができないということ。
友達になるには、ある程度自分をさらけだすことが必要ですよね。
もしも相手が友達になりたくて近づいてきても、人間不信から避けてしまう傾向にあります。
まずは心のケアを行わなければなりません。

トラブルメーカー

どこにいっても、何をしていても、いつも何かしらトラブルを起こしてしまう人っていませんか?

いわゆる、トラブルメーカーというやつです。
これは人に合わせられないことにも繋がりますが、自分の意見をなんとしても通そうとしたり、自分の非を絶対に認めない人に多いです。
自分は間違っていないと強く感じているので、一度いざこざが起こってしまうとどんどんこじれていきます。
周りからすると、「思ってなくても折れればいいのに」「適当に受け流せばいいのに」と思いますが、当の本人は間違っていると主張し続けます。
真面目すぎるからこそ起こしてしまうトラブルではありますが、そんな人と友達になると面倒臭そうと思われてしまいますよね。
また、何も考えていなくてトラブルを起こす人もいます。
そんな天然のトラブルメーカーも、周りからは少し距離を取られてしまうでしょう。

人との距離感がわからない

人との距離感がわからない人も友達ができづらいです。
人にはそれぞれ自分のパーソナルスペースが存在します。
それをぶち壊して入ってくるような距離感が近すぎる人には、普通に引いてしまいますよね。
距離感がわからない人は、相手が引いていることにも気づけない場合が多いです。

また、逆に距離感がわからず、なかなか打ち解けられない人もいます。
これは消極的で内気な人がほとんどです。

友達が必要ないタイプの特徴

自分の世界を持っている

友達がいらない人は、独自の世界観をもっています。
そういう人は友達がいてもいなくても構わないと感じています。
自分の中でブレない芯があるので、友達がいなくてもなにも気になりません。
周りの意見に左右されることもなく、人にわざわざ合わせるようなこともしません。
しかも、人を頼らなくても自分一人でなんでも解決できると思っている上に、そのための努力も怠らないのがこのタイプです。

一人の時間が苦ではない

一人の時間を「寂しい」「辛い」と思わない人も世の中には存在します。

一人で過ごす時間が全然苦にならないので、あえて友達を作る必要がないのです。
他人に気を遣わず、好きな時に好きなことができるのが一番の喜びです。
一人ごはんや一人カラオケ、一人旅行などを気軽に楽しんだりできる人ですね。

作ろうと思えばすぐに作れると思っている

友達が必要ないと思っている人は、作ろうと思えばいつでも作れるという考えを持っています。
自分に自信があり社交的、コミュニケーション能力が高い傾向にあるので、友達作りは苦手ではないんですね。
今は友達がそんなに必要だとは思っていないけど、必要になったら作ればいいか、くらいに思っています。
しかし、長年友人関係にある人がいない場合も。
自分に必要ないなと思ったらバッサリ切ってしまえる人でもあります。

友達がいなくて寂しいと感じる瞬間

誕生日やイベントを一人で過ごした時

誕生日や忘年会・新年会、季節の行事などは、友達とわいわい過ごしたいなと思いますよね。

そんな中一人でいると、いつも以上に寂しさを感じてしまいます。
周りが浮かれていたりするとなおさら・・・
誕生日に自分のためにケーキを買って一人で祝って虚しい気持ちになったと言う人もいますね。
人のSNSで楽しそうな姿を見ては、自分との落差に落ち込んでしまうのです。
一人を楽しめるタイプであれば良いのですが、そうでない場合は一緒にイベント過ごしてくれる相手が欲しいなと思いますよね。

悲しいことやつらいことがあった時

悲しいことやつらいことがあった時、誰かに話を聞いてもらいたいとき、友達がいないと寂しい思いをしますね 。

自分一人ではどんどん悪い方向に考えが向かっていってしまいます。
人に話すだけでもスッキリした気持ちになれますし、励ましてくれたり、アドバイスをもらえるので、辛いことがあった時は話したいと思うもの。
特に女性は話したいと思う人が多いです。(男性は逆に言わない人が多いみたいですが・・・)
普段はきにならなくても、いざ悩みを相談できる友達が誰もいないと気づいた時、ショックを受けるでしょう。

なんでも一人で平気になった時

ひとりでなんでもできてしまった時、逆に寂しさを感じてしまいます。
昔は一人ごはんすらできなかったのに、今ではひとりでどんなところにも行けてしまう・・・
友達がいないことを再認識してしまうのです。
一人で食べるごはんもいいけど、「誰かと一緒にきたらもっと楽しいのかな」なんて思ってしまいますよね。

友達が多い人を見た時

一人でいるときに、友達同士で楽しそうな人たちを見ると、なんとも言えない寂しさを感じますよね。
単純に羨ましいという感情が湧き上がってきます。
SNSなどで知り合いが友達に囲まれているのを見た時も同じです。
普段一人でいることに満足している場合でも、そういった人たちを見ると突然孤独感が襲ってくるのです。

友達がいないメリット・デメリット

メリット

時間やお金を自由に使える

友達がいないと言うことは、時間を取られることがないということ。

自分の好きなように時間を使うことができますし、煩わしい待ち合わせやメッセージのやりとりもしなくて済みます。
また、友達と出かけることで使うお金も節約することができますよ。
「誕生日になにか贈らないと」とか「このレストラン高いけど友達が行きたがってるからしかたない」といったことでお金を使わなくて良いのです。
自分のためだけに、自分が食べたいものに、自分が欲しいものにお金を使うことができるのです。
それは、友達がいないことのメリットと言えるでしょう。

人間関係のトラブルに巻き込まれない

友達とは、喧嘩をすることもありますし、嫌なことを言われる場合もあります。
そういった人間関係のトラブルに巻き込まれにくくなるのは、メリットの一つでしょう。
人と付き合うには、ある程度の我慢が必要ですし、話を合わせたりすることも必要です。
しかし、これをストレスに感じる人も大勢います。
友達がいなければ、このようなストレスを感じることもありませんし、嫌な思いをする必要もなくなります。

デメリット

誰かに聞いてもらいたい時に困る

誰かに話を聞いてもらいたないと思う時に、友達がいないと困りますよね。

人は、辛いことだけではなく、なにか嬉しいことがあった時にも、誰かに共感してほしい!と思うもの。
そんな時に話したい友達がいないと、自分の中で完結させるしかなくなります。
また、家族や兄弟には話しづらい恋愛の話なんかは、やはり女友達に聞いてもらいたいと思いますよね。
もしも、誰でもいいから話をどうしても聞いてもらいたいと思うのであれば、SNSで発信するのもありです。

休みの日に何をして良いかわからない

休みの日にやることがないというのも友達がいないことのデメリットと言えます。
せっかくの休みになんの予定もなく、一緒に出かける相手もいないと言うのは寂しいですよね。
家で一人で趣味を楽しむのもありですが、ずっと続くとつまらないと感じてしまいます。
いってみたいカフェや、みたい映画も、一緒にいける友達がいれば、やりたいことの幅がもっと広がるのです。
一人ではできないこともありますからね。

困った時に頼れる人がいない

困った時に相談できる相手がいないというのも友達がいないと困る問題です。
仕事上やプライベートでのトラブルや人間関係など、だれかにアドバイスしてもらいたいと思うときって多いですよね。
そんな時頼る友達がいないのは辛いです。
そのまま抱え込んでしまって心の病気になってしまう可能性だってあります。
そうなる前に、専門の相談ダイヤルや家族を頼るようにしてくださいね。
しかし、悪いことだけではありません。
困った時でも自分でなんとかしようと頑張るでしょうから、一人で生きていく力は確実につきます。

友達がいないことがつらい人の対処法

とりあえず外に出てみること

友達がいなくてつらいと悩んでいる人は、とにかく外に出ていくこと!

家にこもっていてもなにも始まりません。
気乗りしないかもしれませんが、誰かに誘われた時には必ず行くようにしてみましょう。
また、新しい趣味を初めてみたり、コミュニティに参加するのもおすすめ。
現状を打開するためには動くこと!それが一番重要です。

自分を卑下しないこと

「私なんて・・・」と自分を卑下してはいけません。
この考え方が癖になっている人は、対等な人間関係を築くことができません。
だから、相手から誘われても避けてしまいますし、自分から誘うこともできないのです。
対等でない友人関係は成立しません。
自分なんてと下げて考える癖を直す必要があります。
自己肯定感が低い人は、友人関係ではなく、恋愛もうまくいかない場合が多いので必ず改善するようにしましょう!
まずは、自分を「よく頑張った」と褒めてあげるところから。

周りに合わせるのも大事

周りに合わせるのが苦手だから友達ができない人は多いです。

それでは仲良くなろうとは思えませんよね。
友達が欲しいのであれば、まずは相手の気持ちになって考えてみて。
今これを言ったらどうなるかな?こんなこと言っても大丈夫かな?と、言葉を発する前に一度考えるようにしましょう。
すると自然と周りに合わせることができるようになりますよ。
周りに合わせることができるようになれば、友達はすぐにできるでしょう。

SNSで発信する

人付き合いが苦手なのであれば、自分の思いをSNSで発信してみてはどうでしょう?
趣味や好きなことを発信していけば、オンラインで友達を作ることができるかもしれませんよ!
共通の趣味を持つ人であれば、早く仲良くなることができます。
また、SNSをしているという話題作りにもなるので、普段の生活でも会話しやすくなるかもしれませんよ♪

ペットを飼う

孤独な寂しさを埋めたいのであれば、ペットを飼うという手もあります。
ペットに愛情を注ぐことで、ひとりぼっちで寂しいという気持ちはすぐに消え去るでしょう。
もちろん、命を預かるのですから、安易な気持ちでは飼ってはいけません。
でも、SNSと同じようにペットを飼ったことで、話題が広がりますし、同じ犬や猫を飼っている人とは仲良くなりやすいですよ。
なにより、ペットのもたらす癒し効果は抜群です。
友達なんていなくても平気!となってしまうかも?笑

まとめ

友達がいない人の特徴を紹介しました。
「友達がいなくて寂しい」と感じている人は、友達ができるように自ら動いてみることが大事です!
自分が友達ができない理由を探してみてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ