【風水】秋財布で金運アップ?おすすめの色や使い始めのタイミングを解説

縁起が良いと言われる春財布。実は同じように秋に財布を変えるのも、縁起が良いことだと言われてるのを知っていますか?

今回は、秋財布が縁起が良い理由や、使い始める適切なタイミングを解説していきます!

また金運アップのための財布の使い方についても紹介します。

秋は財布買い替えのチャンス!

春=張る財布

春に財布を買い換える「春財布」は、「財布が張る」というイメージからたくさんのお金が入ってくると言われています。
デパートなんかでも、春になると春財布フェアなどのコーナーが設置されていますよね。
また、春は始まりの季節というイメージもあり、財布を変えて心機一転という意味でも、財布を変えるタイミングとしては良いと言えますね。

秋=空きというイメージ?

では、逆に秋財布はどうなのでしょうか?
秋財布は春と反対で「秋=空き」のイメージだから悪いと言われることもあります。
風水でも、秋には金運が下がると考えられています。
しかし、だからといって秋に財布を変えてはいけないのか、というとそうではありません。

秋は豊穣の季節

秋は豊穣の季節、「実り」「収穫」という意味合いもあります。

つまり、財布が実る・金運がアップすると考えられているのです。
秋財布は、春財布と並んで縁起が良く、金運アップにおすすめのベストな買い替えのタイミングと言えるのです。

秋財布を使い始めるタイミングは?


秋に財布を買い換えるのは金運アップに良いということがわかりました。
しかし、実際に買い替えや使い始めるタイミングはいつ頃が良いのでしょうか?

秋分の日前後がおすすめ

秋財布の購入時期は、秋の始まりである「立秋(8月7日)」から、冬の始まりである「立冬(11月7日)」までの期間が良いと言われています。

中でも、秋分の日(9月22日)の前後がベストです。
秋分の日は年によって日にちが違うので、気になった人は調べてみてくださいね。

財布の買い替えに良い吉日

秋分の日以外にも財布の買い替えに良い吉日があります。
※すべて2020年の日程です。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒万倍日とは、読んで字のごとく、一粒の種が万倍になって収穫できるという、とても縁起の良い日です。
財布を一粒万倍日に使い始めることで、出ていったお金が倍になって帰ってくると言われていますよ。
財布を使い始めるだけでなく、新しい財布を購入する日としてもおすすめです。
何事を始めるのにも縁起の良い日、特にお金を出すことに吉とされています。

9月:1日、6日、9日、14日、21日、26日
10月:1日、9日、18日、21日、30日
11月:2日、14日、15日、26日、27日

天赦日(てんしゃび)

天赦日は、「天が赦す(ゆるす)日」という意味で、どんなことでもうまくいく超ラッキーデーです。
年に5・6回しかない貴重な日ですよ。
この日に始めたことは必ず成功すると言われています。
秋財布に買い替えたり、使い始める秋の期間でいうと2日しかありません。

9月2日、11月1日

寅の日

寅の日は、金運招来日と言われるほど、金運に縁がある日です。

金運を招く意味から、財布を購入したり使い始めるのに最適な日ですね。
「虎は千里往って千里還る」という言葉から、旅立ちに良いとされており、その日に財布を使い始めると「使ったお金が戻ってくる」とも言われています。

9月:8日、20日(日)
10月:2日、14日、26日
11月:7日、19日

使い始める時間は夜

財布を使い始める時間は、ズバリ「」がおすすめです。
風水的には、お金にまつわる「金」の時間帯は、申の刻・酉の刻です。

15時~17時(申の刻)
17時~19時(酉の刻)

また、「金」と相性の良い「水」の23時までの時間帯もおすすめです。
ちなみに購入するのも夕方から夜が良いとされていますよ。

財布の買い替え周期は3年

風水では、財布の使用期間は3年(1000日)が目安とされています。
1000日以上使用した財布からは金運がなくなってしまうと考えられているからです。
3年を目安に買い換えるのがベストですよ!

秋財布の縁起の良い色や形とは

財布の色の意味

白/ホワイト

は、風水的に「金」を意味し、実は金運アップにピッタリの色です。

また、白色には浄化作用があるので、悪い運をリセットして新しい運気を呼び込んだり、人間関係のトラブルを改善する効果もありますよ。
新しい環境で新たにスタートを切りたい人におすすめの色ですね。

黄色/イエロー

黄色の財布は金運アップに良いとよく聞きますよね。
実際、風水では黄色は「」を意味し、土は「金」を生み出すので、お金を自分のところに呼び込む効果があるとされています。
社交運を良くし、お客さんを集める効果もあるので、営業職や商売をしている人にぴったりです。
ただし、お金の出入りが激しくなり、気づかぬうちに使いすぎていた、なんてこともあるので浪費家の人は注意

赤/レッド

赤色は、風水的には「」の象徴で、生命や力を意味します。
しかし、金運的には「お金を燃やす」「赤字になる」として、金運を下げるとも言われています。
火の持つパワーが強すぎるゆえにお金回りをよくしすぎてしまうのです。
どうしても赤色を取り入れたいと言うのであれば、内側や、一部に使われているものがおすすめです。

桃/ピンク

ピンク色は、金運だけでなく、恋愛運や結婚運をアップしてくれる女性におすすめの幸せカラーです。

玉の輿に乗って幸せな結婚をしたい人に特におすすめです。
また、ピンクは女性らしさや美しさの象徴なので、ピンク色の財布を持っているとキレイになれるというメリットも!
ピンク×ゴールドの組み合わせが最も金運をアップさせてくれるので、ゴールドの金具やロゴが入っているものを選びましょう♪

青/ブルー・ネイビー

青色の財布は、お金を育てて増やすことができると言われています。
ただ、風水的には「」を意味するので、「お金が流れ出ていく」危険もあります。
その場合は、明るい青色の(水色)の財布を選べば、白色の浄化作用が働くので、お金が流れ出すのを防ぐことができますよ。
また、ネイビーは、落ち着きを与えてくれ、冷静な判断ができるので、仕事運をアップさせたい人におすすめです!

茶/ブラウン・ベージュ

茶色・ベージュは、風水的には「」の意味を持ち、運気を安定させる・育てる効果があります。
茶色の財布を持つことで、お金が財布から出ていくのを防ぐことができます。
お金を貯めたい人や、つい浪費してしまう人にピッタリの色です。
また、運気を育ててくれるので、金運だけではなく、恋愛運や仕事運などをアップさせたい人にも良いですよ。

黒/ブラック

黒い財布は、今の運気やお金を守るという意味を持ちます。

風水では、黒色は人や物を遠ざけるという意味があり、必要のない人付き合いや、無駄な出費を遠ざけてくれると考えられています。
貯蓄を増やしたい人、散財したくない人におすすめの色です。

緑/グリーン

緑色は、自然や植物を連想させる色で、癒やしの効果があります。
植物は上に伸びていくイメージから、運気がアップするとも言われていますよ。
また、緑色は青と黄色を混ぜてできる色なので、それぞれの良いところ取りができるのです。
精神的に疲れている人や、コツコツお金を貯めたい人におすすめです。

財布の形は長財布がベスト

金運アップをしたいのであれば、財布の形は長財布にしましょう。
長財布はお金の出し入れがスムーズにできるので、お金を生み出す力も強いと考えられていますよ!

お財布で金運をアップする方法

お財布を寝かせてから使い始める

金運を上げる方法として、「お財布を寝かせる」方法があります。

  • 使い始める7~9日前に箱から出す
  • 新札の1万円札を10枚入れておく

こうすることで、財布にお金が入っていることを記憶させることができるのです!
できるだけ多くのお札を入れると良いと言われていますよ。
ちなみに寝かせる場所は金運アップの方角「」の暗い場所が最適です。

お札の向きを揃える

お札の向きを揃えて財布に入れるといいというのは有名な話ですよね。
さらに、それを頭側から財布に入れるようにしましょう。
そうすることで、お金が逃げて行きづらくなる効果があると言われていますよ。

レシートを入れっぱなしにしない

買い物のレシートや領収書などを財布に入れっぱなしにしている人をよく見かけます。
財布はお金を入れる場所なので、お金以外のものはできるだけ入れない方が良いです。
レシートは、できるだけ財布に入れないか、入れたとしてもその日中に外に出してあげること。

財布をキレイに保つこと

財布は、お金の家です。

家が汚いとお金は集まってきませんよね。
財布をきちんとお手入れして常にキレイに保つことで、金運アップ効果がありますよ!
雑な扱いをしている財布は、お金が逃げやすくなってしまうので注意!

財布を持たいないのはNG

近年、キャッシュレス時代が到来し、財布を持たない、なんて人もいるかも知れません。
しかし、財布は金運が住んでいる場所です。
たとえ現金を持たない人でも財布を持っていることが大事です。
クレジットカードだけでも、財布に入れてもち歩くようにしましょう。

まとめ

今回は、金運アップに最適な秋財布について解説しました!

「そろそろ財布を替えたいな」と思っている人は、是非実りの秋に財布を変えてみてくださいね。
この記事を参考にして、自分に合ったピッタリの財布を探してみてください♪

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ