ミラーリング効果で好感度アップ!心理学から考える恋愛テクニック

ミラーリング効果」という言葉を聞いたことはありますか?

ミラーリングは、相手の行動や言葉をマネすることで、相手に好感を抱かせる恋愛心理テクニックの1つです!
今回は、このミラーリング効果の効果的な実践方法について解説していきます!

ミラーリング効果って?


ミラーリング効果とは、心理学で使われる言葉で「同調効果」ともいわれています。
相手の仕草や行動を鏡のように真似することで、相手に好意や親近感をわかせる心理学的なテクニックのことです!

好意を持った人に自然と行っている行動

ミラーリングは、そもそも、好意を持っている相手に自然と行っていることが多いです。
相手の好きなものを好きになったり、言葉や口癖が移ったりすること、ありますよね(^^)

このミラーリングを、あえて意識して行うことで、相手に好意をもたせることができるのです。

類似性の法則を使った恋愛テク

人間には、「類似性の法則」というものがあり、自分と似ている人に対して好意を抱きやすいという特徴があります。
つまり、自分と同じような行動をする人に対して好感や親しみやすさを感じるのです。

  • 好きな食べ物が同じだった
  • 話すスピードが同じくらい
  • 洋服のテイストが似ている
  • 趣味が同じだった

日常生活でこのようなことがあったら、自然と相手への好感度が上がり、仲良くなりやすくなりますよね。
これが、類似性の法則です。

ミラーリングは、この「類似性の法則」を利用したコミュニケーションテクニックで、人間関係やビジネス・恋愛にとても効果的と言われています!

ミラーリング効果の実践方法


では、早速ミラーリング効果の実践方法について紹介していきます!

相手の動作をさりげなくマネする

相手の動作や行動をさり気なくマネするのは、ミラーリングの定番の方法です。

「飲み物を飲むタイミングをあわせるといいらしい」といったことは、よく聞きますよね。
同じ行動をすることで、相手が好感を持ちやすくなリますよ。

・相手の姿勢に合わせる(身を乗り出す・正すなど)
・飲む・食べるタイミングを合わせる
・足を組む・崩す
・髪の毛・頭を触る

すべて真似するのは不自然

しかし、これらすべてを鏡のように真似してしまうのは、逆に不信感を感じられる可能性もあります!
あくまでも「さり気なく」がポイント。
相手に「マネされている」と気づかせないようにするのが大事です。

信頼関係が大事

信頼関係がまだ深くない相手に対してミラーリングを行う場合は注意が必要です!
腕や足を組む動作は「偉そう」「態度がでかい」と思われてしまい、逆にマイナスになってしまいます。
相手との距離感や信頼関係を考えて、ミラーリングを行いましょう。

相手の言葉をオウム返しする

恋愛のテクニックとしてかなり有効なのがこの「オウム返し」です。
これは、心理カウンセラーや占い師なども使う会話のテクニックで、相手に共感していると感じさせることができます。
相手の言葉や表現をそのまま使うことで、「この人はちゃんと自分の話を聞いてくれている」と感じます。

(例)
「昨日〇〇に行ったんだ」→「〇〇行ったんだね!羨ましい!」
「今日残業なんだ」→「残業なんだね、お疲れ様。」

といったように、オウム返しの後に、コメントを付け加えるのがおすすめです。
しかしオウム返しも、やりすぎると馬鹿にされているように感じる人もいるので、使いすぎには注意!

相手の表情・リアクションを真似する

相手の表情やリアクションを真似すると、オウム返しと同じように「共感してくれている」という気持ちにさせることができます。

特に「嬉しい」「楽しい」「美味しい」などのプラスの感情を共有するのが好感度を上げるポイント!
例えば、相手が手を叩いて笑ったら、一緒に手を叩いて笑いましょう。
一緒にいて楽しいと思わせることで、二人の距離がぐっと縮まりますよ。

また、怒り・悲しみなどの感情も同じように共感してあげると、相手を落ちつかせる効果があるのでおすすめ。
だからといって、悲しい気持ちを全面に出すために泣いてしまったりするのは、大袈裟すぎてわざとらしく見られる可能性も。
やりすぎには注意しましょう。

会話のテンポやトーンを合わせる

相手との会話のテンポやトーンを合わせるのも、ミラーリングの1つの方法です。
恋愛に限ったことではなく、会話のテンポが合わない人とは、「なんだか噛み合わない」「話しづらい」と感じます。
他にも、自分は普通のトーンで話しているのに、いきなり相手が大きな声で話してきたら・・・早口でまくしたてられたら・・・正直話しづらいですよね。
逆に、会話のテンポやトーンが同じような人とは話しやすいし、心地よく感じるのではないでしょうか。

ミラーリングで相手のテンポに合わせた会話をすることで、相手との距離を縮める効果があります。
話しやすいということは、一緒にいて落ち着くということですよ。
相手の話し方や声のトーンに合わせて会話してみましょう。

【LINEで使える】文章の長さや絵文字をマネする

ミラーリングの効果は、何も会っている時だけではありません。

メールやLINEなどでも使えるテクニックもあります!

・返信速度
・一回のメールの文量
・使っている絵文字やスタンプ

会話と同じように、相手の返信速度や、文量・文章・絵文字についても相手に合わせるのがおすすめです!
例えば、相手が一回のメールやLINEで送る文量が少ない人であれば、自分も文量を合わせてみてください!
また、絵文字を使わない人であれば、自分の絵文字は少なくする、これだけでも結構効果はありますよ。

テンポは最も大事

一番大事なのが、相手と返信速度を合わせること。
人は無意識に会話のテンポが合う人に好感を感じるので、相手に合わせることで「二人は合う」と思わせることができます!
逆に、長文メールを送ったり、質問を立て続けに送りまくるのは、男性に面倒くさいと思われてしまうので注意しましょう。

スタンプはマネしてもOK

LINEスタンプは堂々と真似しましょう!
「〇〇さんの使ってるスタンプ可愛かったからマネした」と言われて嫌な男性はいないでしょう。
同じものを選んでいるという感情も、立派なミラーリングになるので試してみてくださいね。

ミラーリングを行う時の注意点

バレると逆効果

ミラーリングは、恋愛やビジネスにとって効果の高いテクニックです。
しかし、バレバレなミラーリングは、逆に相手を一気に冷めさせてしまいます!
むしろ、ちょっと気持ち悪い・・・とさえ思われてしまうのです。
ミラーリングを行うときには、その点を踏まえて、相手をよく観察しながら行うようにしましょう。

あくまでも自然に見せる

ミラーリングで一番大事なのはあくまでも自然に見せること
行動のマネもオウム返しも、しつこいと相手に鬱陶しく思われるので、やりすぎは禁物です。
どのくらいやればよいかわからないという人は、自分がされて嫌なことはしないと考えましょう。
自分がされて嫌なことは、相手も嫌だと感じるものです。

コミュニケーションが第一

ミラーリングを行うことだけに集中して、肝心のコミュニケーションがおろそかにならないように注意しましょう。
オウム返しばかりで会話にならない・・・など、相手の好感度を上げるためにミラーリングをして嫌われるなんてのは言語道断です。
まずは、相手との会話を楽しんで、その上でちょっとしたミラーリングのテクニックを使っていくのがおすすめ。

まとめ

今回は、恋愛の定番テクニック「ミラーリング効果」について解説しました!

ミラーリングは、比較的誰にでもできる簡単な心理テクニックなので、是非気になる人に試してみてくださいね。
ポイントはあくまでも「さり気なく」ですよ♪

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ