【これって占い依存症?】電話占いジプシーから抜け出す方法!

ネットで電話占いの口コミを見ていると「電話占いジプシー」という言葉を見かけることがあります。

実はわたしも以前ジプシーになってしまったことがあり、抜け出すまでにかなり苦労しました・・・
今回は、占い依存症に悩んでいる人にむけて、ジプシーから抜け出す方法やその危険性についてまとめました!

電話占いジプシーは危険!

電話占いジプシーとは?

電話占いジプシーとは、いわゆる電話占い依存症のことです。

ジプシーは移動型民族のことで、〇〇ジプシーとは次々にうつっていくさまを表現しています。
電話占いでいうと良い結果が得られず、複数の占い師に何度も相談してしまう人たちのことです。
自分にとって良い結果が出るまで占いを渡り歩く場合や、結果が違うので正解はどれなのか探してしまう場合もあります。
とにかく、占いをしていないと落ち着かない、週に何回も占いをしてしまう・・・そんな状態のことを占いジプシーと呼びます。

電話占いジプシー度チェック

電話占いジプシーに陥っているかどうかチェックしてみましょう。

  1. 週に何度も電話占いをしてしまう
  2. 同じ内容の相談を複数の占い師にしている
  3. 悩みができたらすぐに占ってしまう
  4. 悪い結果を言われたら、その占い師を憎く感じる
  5. やめたいのにやめられない
  6. 占いをしないと行動できない
  7. 占いの後、不安や罪悪感にかられる
  8. 占いをしていることを人に言えない

あなたはいくつ当てはまりましたか?
実は、これは1つでも当てはまる占いジプシー・依存症の危険があります。
ドロ沼にハマって抜け出せなくなる前に、対策をする必要があります。

電話占いジプシーの特徴

複数の占い師に同じ質問をする

複数の占い師に、同じ質問をするのが電話占いジプシーの特徴です。

占い師の鑑定結果が納得できないので、次から次へと電話占い会社を変え、占い師を変え相談してしまうのです。
しかし、100%納得できる結果はなかなか得られないものですよね・・・
電話占い依存からなかなか抜け出せない理由がここにあります。

自分のほしい答えが出るまで続ける

とにかく、自分のほしい答えが出るまで占い続けるのが占いジプシーの特徴です。
例えば、「復縁したい」という悩みの場合、「復縁できますよ」と言われるまで相談し続けます。
また、復縁できると言われても不安で、他の人も意見も聞きたいと感じてしまい、さらに他の占い師にも相談します。
つまり、たとえ良い答えがもらえても、一度陥ってしまうと依存状態からはなかなか抜け出せないのです。

答えが一致しないと気になってしまう

複数の占い師に占ってもらうと、答えが一致しないことがほとんどでしょう。
電話占いジプシーの人は、答えが一致しないことが気になってしまうこともあるようです。
答えが一致しないということは、良い結果も100%ではないということになります。
すると「他の先生にはこう言われたんですけど・・・」と鑑定結果を、また占いで確かめるという行動を起こしてしまうのです。

電話占い依存になりやすい人の特徴

依存体質である

当たり前のようなことですが、普段から何かに依存してしまうタイプの人は、同じように電話占いにも依存しやすいです。

特に恋愛依存の女性は、占い依存になることが多いです。
依存相手である彼氏との悩みを聞いてほしくて電話占いにハマってしまい、占い依存になるパターンです。
自分が依存しやすい性格だとわかっているのであれば、電話占いに依存しないように距離をとることをおすすめします。

極度の心配性

極度の心配性や、なんでも不安に感じてしまう人は、なにか悩みを抱えていると他のことが手につかなくなってしまいがちです。
そんなときに一度でも、占いで悩みが解消されたように感じたら、その後何度も頼るようになってしまいます。
悩みで頭がいっぱいで心配してしまうあまり、「早く占ってもらわなきゃ」と占の答えを当てにするようになり、占いがないと行動できない状態になっていきます。
また、心配性ゆえに、一人の占い師では安心できずに、複数の占い師に相談することになります。

人の意見を聞けない

実は、占い以外でも友人や目上の人の意見などを聞けない人は電話占いジプシーになりやすいです。

というのも、人の意見を聞くことができる人であれば、たとえマイナスの結果を言われたとしても、素直に聞き入れてどうするか考えることができます。
しかし、意見を聞けない人は「そんなわけない」「絶対に違う」と心の中で思ってしまうのです。
すると、自分の求める答えにたどり着くまで電話占いを渡り歩くという結果になります。
でも実際は、100%自分の求める結果が得られないことがほとんどです。

復縁・不倫などがジプシーになりやすい

悩みのジャンルで言うと「不倫」「復縁」が最も電話占いジプシーに陥りやすいです。
その他にも、浮気されている・片思いが叶わない・・・など基本的に恋愛がうまく行っていない場合が多いのです。
これはなんとなく気持ちはわかりますよね。
そういう時、人は不安や悲しみといったマイナスの精神状態にあり、どうにかして不安を解消したいと思っています。
そのために電話占いに依存しやすくなるのです。
その恋愛を諦めるという気持ちがあるのであれば、電話占いに相談してマイナスのことを言われても、気持ちを切り替えて次の恋愛に進むでしょう。
しかし、「なんとしてもこの恋愛で幸せになりたい」と、その恋に執着している人はそうはいきませんよね・・・
そうなると、自分にとって良い意見を言ってくれる占い師さんを探してジプシーになっていくのです。

電話占いは対面占いよりも依存しやすい

はっきりいって電話占いは、対面占いよりも依存症になりやすいです。
なぜかというと、自宅でいつでも占ってもらえるからです。
色々と悩んで眠れなくなってしまった夜中でも、占いをしてもらえば安心して眠れるかもしれません。
不安になったときにいつでも聞いてもらえるというのは、依存状態を招きやすいのです。

電話占い依存の危険性

借金など金銭トラブル

占い依存の危険性として一番にあげられるのが金銭面でのトラブルです。

週に何度も電話占いをしてしまったために、料金が高額になってしまい借金をするクレジットカードが使えなくなる・・・といった話は良く耳にしますよね。
これはアルコール依存や薬物依存でも同じですが、お金が無くてもやめられない状態です。
占いに依存するあまり、自分の生活をめちゃくちゃにしてしまう危険性がありますよ。

占いがないと行動できなくなる

占いに依存しすぎて、自分で考えることができなくなる人もいます。
すべての行動を占いで決めるようになってしまうのです。
こうなってしまうと、抜け出すのはかなり困難で、医療機関を受診するレベルです。
悪徳占い師に依存してしまい、お金を騙し取られたという事件は、よくテレビで報道されていますよね。
「なんでおかしいと思わないんだろう?」と感じてしまいますが、それほど依存してしまうと占いの結果が全てになってしまうのでしょうね・・・

周囲から孤立する

占い依存の結果、周りから人がいなくなることもあります。
占いのみを信じて、友人や家族の意見を聞かなくなるのはもちろん、相手の話も聞けなくなります。
しかし、本人は周りの人間が離れていくことにすら気づけないのです。
大事な友人や家族を失ってしまう可能性もあるということを忘れないでください。

新しい悩みが出来たら繰り返す

一度占いジプシーに陥った人は、たとえその悩みが解決したとしても、次の悩みができたらまたジプシーになります

ジプシーを抜け出したと思っていても、ふとした瞬間にまた同じ状態に戻ってしまう可能性もあり、油断はできません。
これは、占いに限ったことではなく、他の依存症でも同じことですよね。
占いで安心できた経験があるから、また不安になったときにその安心感を求めて占いに頼ってしまうのです。

電話占いジプシーを克服する方法

電話占いサイトを退会する

依存症を治す方法はずばり「やめる」こと。
といってもすぐにはやめられないから依存症になるので、まずは「やめると決める」ことが大事です。
できるなら電話占いサイトを退会しましょう。
また、クレジットカードを登録しているのであれば、解除してこれ以上電話占いができないようにしたりするのも有効です。
できるだけ電話占いから距離をとることを目標にしましょう。

占いの頻度を減らす

いきなりやめることは出来ないという人は、まずは占いの頻度を減らしていくのがおすすめ。

週に3.4回占っていた場合は、週に1回にするとか、少しずつ減らしていくようにしましょう。
また、複数の占い師さんに占ってもらっている場合は、信頼できるなと思った人一人に絞るだけでも回数はぐっと減らせるはずです。

使うお金を決める

また、月に電話占いにいくら使えるのか自分で決めて、それ以上は絶対に使わない、とか目標を立てるのも大事です。
生活が苦しくなってしまうほど、占いにお金を使っては意味がありません。
生活に支障の出ない金額を、毎月の給料と相談しながら決めてください。
そして、必ずそれを守ることが大事です。
少しならオーバーしてもいいやと言う考えは絶対にやめましょう。

占いの結果だけを重視しない

依存症になる人は、占いの結果が全てだと思いこんでしまう傾向にあります。
占いの結果はあくまで幸せになるためのひとつのアドバイスとして受け止めるようにしましょう。
占ってもらった結果、自分がどう行動するかは、占いに頼るのではなく自分自身で決めることを忘れないでください。

どうしてもやめられない時は医療機関へ

やめようと意識して行動してみても、どうしてもやめられないのであれば、プロである医療機関へ相談するのも良いでしょう。

ギャンブルやアルコールなどの依存症を専門に見てくれる病院やカウンセリングが良いですよ。
まずは勇気を出して医療機関へ行くというのも手です。

恋愛の場合は「諦める」というのも一つの手

恋愛の場合は、復縁や不倫を「諦める」という選択肢も持っておきましょう。
占いに依存してしまうほどつらい恋愛は、あなたを幸せにはできません。
諦めて次の恋愛に向けて自分を磨いたほうが健全です!
他に夢中になれることを探したり、自分の生活を変えていく努力をしましょう!

まとめ

電話占い依存・ジプシーについて、なりやすい人の特徴や克服方法を紹介しました!

もしかして自分は占い依存かもしれないと思っている人に、少しでも参考になったら幸いです!
占いは、幸せになるための1つのアドバイスとして受け止め、自分の行動は自分自身で決めるようにしてくださいね。

  • サイト
  • 占い師
  • 口コミ